家を建てる(買う)前に考えること最優先は予算設定です【無駄足リスクも回避】

家を建てる(買う)前に考えるべきことはたくさんありますが、意外に何も考えずにスタートを切る人も多いのが事実です。

そこで今回は、まずはなにを考えるべきなのかというところを書いていきます。

実際の体験談も紹介します。

家を建てる前にはまず予算を考える

当たり前ですが、これから家を建てようと考えた時に、一番初めに考えるべきなのはお金(支払い)についてでしょう。

そもそも予算設定せずに、家を建てたり、物件探しをするのはナンセンスです。

ただ見学するだけとなってしまう可能性も大です。

でも予算設定はどのように決めれば良いのか?

これについては、

  • 支払い額から設定
  • 不動産会社へ相談
  • FPへ相談

このあたりが一般的になってくると思います。

支払い額から設定

月々の住宅ローンの支払い額から、予算を設定するという最もポピュラーな方法です。

私自身もそうでしたし、多くの方はそうすることが多いです。

現在の家賃から、住宅ローン支払い額を考え、そして支払額から予算を決定という流れです。

単純ですが、最も多くの方がこのように決めていると思います。

毎月の支払い設定となるため、大きくずれることはないでしょう。

不動産会社へ相談

これも、みな考えつくことかと思います。私もこれまでに何度も聞かれています。

一番多いのが、物件の問い合わせをもらい、現地のご案内をした時に、月々はいくらくらいになるのか聞かれるケースです。

お客様としては、だいたいの目安があり、その物件を問い合わせして来ているため、大きく驚かれることは少ないです。

ですがたまに、「そんなに安いのか!(月々の支払が)、だったらもっと上の(高い)物件でもいいな!」となるようなこともあるため、予算について事前相談がおすすめでもあります。

不動産会社へ相談するリスクとしては、もしかすると、営業マンによっては、あなたの適正予算よりも高い物件をすすめてくるかもしれないという点です。

例えば、その営業マンの会社の自社物件でどうしても売りたい時期であったりした場合などです。

あまり、高い物件を無理やりすすめるということはないとは思いますが、そういったことがある可能性もあるため、事前知識があるに越したことはありません。

ファイナンシャルプランナーへ相談

多数派ではありませんが、いわゆる専門家へ相談して、予算設定をされる方もいます。

しっかりと人生設計をしているなぁと私自身も感心させれられます。

相談したほうがいいとは言いませんが、することでマイナスに働くことはないので、可能であればしてもいいと思います。

まだまだ少数派のため、自身(夫婦)での判断で決めていけばいいと思います。

 

ここで、ある体験談のご紹介です。

【体験談】家を建てる前に何も考えずに…

■福井県30代女性・2019年に注文住宅

結婚後アパートで暮らし始めて早7年。

増税前にということもあって、そろそろ家を建てたいねと夫と話すようになりました。

私たち夫婦にはまだ子どもはいなかったので、将来的に子どもができたときのことも考え、「3LDKくらいの広さの家がいいかな」とぼんやりしたイメージしかありませんでした。

でも、お互い家を建てるということに乗り気になっていたため、早速モデルハウス巡りを実行。

私たちが行ったのは、モデルハウスが何件も見られる福井県内の展示場です。

そこは、お城のような大きな家から、間取りの広い二世帯住宅のような家までたくさん。

望むようなこじんまりとした家はあまりありませんでした。でも、夫婦揃って立派な家に大興奮。

何件か見て回ったのですが、使われている木材や耐震強度及び防火への取り組み、高断熱住宅にすることの良さなどを聞いているうちに、どんどん住宅に対して求めるものが増えて行きました。

 

最初は間取りくらいしか考えていなかったのですが、絶対に長期優良住宅がいい!と思うように。

予算の話は後回しにして、長期優良住宅を標準で建ててくれるメーカーを探し回りました。

そして、いくつかメーカーを見た中でここにしようというところに決定。

間取りや外構、家の耐久性や気密性の希望などを伝えようやく正式な予算を出してもらったところ…。

とてもじゃないけれど住宅ローンで返済しきれないような、すごく高い金額が出てきました。

そこでようやく、最初に予算を計画してから動かなかったことを夫と後悔しました。

どれだけいい家を建てたって、買えない金額では意味がありません。

身の丈に合った家づくりを考えられていなかったことを、すごく恥ずかしく思った瞬間でした。

 

私たちのようにならないためには、家を建てたいと思ったらまずは予算を決めた方がいいと思います。

家は性能を求めれば求めるほど、どんどんお金がかかってしまうもの。

一度ハイレベルな家を見て「これがいい!」と思ってしまうと、そこから何かを諦めたり、妥協したりするのがかなり難しくなってしまいます。

だから、月いくらくらいの返済なら可能か、頭金はいくら出せそうか、今後子どもや老後の生活にいくらくらいの貯蓄が必要か…など、夫婦でよく考えてから家を探し始めないと、結局建てられもしないような家を望んでしまうことになりかねません。

 

私たちの場合は、お金のことを改めて考えよう!と決心し、モデルハウス巡りを中断してFPさんに相談することにしました。

現在の貯蓄や、これから必要になりそうなお金、既に入っている保険に無駄はないかなど、細かくすべてを見直してもらうことからスタート。

気付かなかった無駄遣いも分かって、家を建てる前から節約することができました。

そこでようやく、「月〇万円程度であれば35年の住宅ローンでも無理なく返済できる。」という明確な金額が分かるように。

そこから、メーカーごとにどれくらいの金額の家を建てているのか、家を建てるうえで譲れないことはどこなのか(私たちの場合は、3LDKの間取り・高気密高断熱・耐震強度は譲れない条件だということになりました)を考えて行き、予算に見合ったメーカーに出会うことができました。

無理ない返済金額で、満足のいく家を建てられて今はほっとしています。

予算を考えず勢いだけでモデルハウス巡りをしてしまうと、無駄な時間を過ごすことに。

まずは、家族で予算について話し合い、そこからメーカーを選んで行くということが大事なんだと実感しました。

体験談おわり

考えること最優先はお金のこと

やはり、家を建てる(買う)前には支払いのことを考えた上でないといけません。

何も考えずに突き進み、手の届かない建物や物件をみてしまうと、予算内の現実に戻された時になかなか決断できなくなるデメリットがあります。

私も今までお客様で何人もそういった方をみてきました。

建物や不動産というのは、とても価格に正直に連動するものです。

  • 広さ
  • 豪華さ
  • 仕様
  • 日当り
  • 駅距離
  • 築年数
  • 施工会社
  • 道路づけ
  • アフター

などなど、言い出すときりがありませんが、これらは全て価格に正直に反映されます。

そのため、体験談にもありましたが、まずは予算設定からです。

そうしないと、貴重である時間が無駄となってします可能性も十分考えられます。

予算を決めても、今後の生活の大きな変化によって対応できなくなる可能性もありますが、それは賃貸に住もうが全く同じことが言えます。

そのため、家を建てる(買う)前にはまずは予算を設定することからスタートすべきだと考えます。