「仲介手数料を払いたくない」とるべき行動は2つだけ【不動産売買】

左手を前に出して拒否する女性

売買価格の約3%かかるのが普通である仲介手数料。言い方が乱暴かもしれませんが、「仲介手数料を払いたくない」という方へ向けて、2つの取るべき行動をお伝えします。(マイホーム購入における不動産売買にフォーカスした内容です)

  • 売主から直接購入
  • 仲介手数料無料の会社から購入

以上の2点です。

なお、「仲介手数料をなしにする3つの買い方」で書いたうちの一つの方法である、仲介手数料の値引きについては、今回は趣旨がずれてしまうため提案しておりません。あくまで「仲介手数料を払いたくない」という方へ向けています。

スポンサーリンク

①仲介手数料を払いたくないなら売主から購入

売主からの購入では仲介手数料が“不要”」で解説した購入方法なのですが、仲介手数料を払いたくない人にとっては、売主から直接不動産を購入することで解決します。『売主⇒買主』という売買となれば仲介ではなくなるため、付随する仲介手数料は存在しません。

不動産広告のキャッチコピーでは、よくこういった言葉で謳われます。

  • 仲介手数料不要
  • 売主直売

 

また、販売図面やwebで確認できる方法として、“取引様態”の欄をチェックするのも一つです。そこに“売主”と記載があれば、その物件は売主から直接購入でき、仲介手数料は払わなくてもいい物件ということになります。

 

しかし、売主直売の物件は、全体から考えると、極めて少ないというのが現状です。そんな中で次に取れる行動について上げていきます。

②仲介手数料を払いたくないなら無料の会社で購入

続いて、2つ目の行動です。「仲介手数料無料のサービス提供をしている不動産会社から購入する」になります。なぜ無料にできるのかどうかについては「不動産売買の仲介手数料を無料にできるからくり」をご確認下さい。

しかし、仲介手数料無料にするには、不動産会社は買主ではなく売主から仲介手数料をもらわなくてはいけません。必然的に対応可能な物件と、そうでない物件に分かれてしまうことになります。以下で解説していきます。

払わなくていい物件

仲介手数料を払わなくてもいい物件の代表例です。

  • 建売(新築戸建)
  • 多区画(大型)分譲
  • 新築マンション
  • リノベーションマンション
  • リフォーム済み中古戸建

基本的に、売主が不動産会社である物件であれば、仲介手数料を払わなくてもいい物件となります。※少数だが例外もあり

払わなければいけない物件

仲介手数料を払う必要のある物件の代表例です。

  • 売地
  • 中古戸建
  • 中古マンション

基本的に、売主が個人の方の物件の場合、買主は仲介手数料を払う必要があります。仲介する不動産会社としては、半額や割引といった対応が限界となります。売主が販売をお願いした窓口となる不動産会社へ仲介手数料を払うためです。

 

スポンサーリンク

まとめ

「仲介手数料を払いたくない」という方へ向けた、取るべきふたつの行動でした。今回のポイントをまとめておきます。

  • 売主から購入すれば仲介手数料は払わなくてもいい
  • 仲介手数料無料の仲介業者から購入すれば払わなくてもいい
  • 払わなくていい物件と払わなければいけない物件がある

仲介手数料を無料にすることは魅力的ですが、あまりにも無料にこだわりすぎて、物件探しの視野を狭くしてしまっては本末転倒です。希望条件に近いマイホーム探しという本来の目的を見失わないようにして下さい。






左手を前に出して拒否する女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。