不動産売買の仲介手数料は売主・買主それぞれかかる【基本を解説】

戸建と貯金箱と小銭

不動産売買における仲介手数料は売る人(売主)も買う人(買主)もかかるものです。

基本的なシステムですが、実際マイホーム購入を検討している人でも知らない人が多くビックリすることもあります。

そこで今回は、売主と買主の仲介手数料(不動産売買)について基本的なところを簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

不動産売買の仲介手数料は売主も買主もかかる

原則として、売主・買主共に不動産を売ったり買ったりするには仲介手数料が発生します。個人であろうが法人であろうが、不動産会社であろうが同様です。

 

売主の仲介手数料について

マイホームをまだ購入したことがなくても、「家を売りませんか?」というチラシがポストに入っているのを一度は目にしたことがあるはずです。

仲介業者が不動産を売る人(売主)を探しているチラシです。ビジネスモデルとしては、売りたい人の窓口となり、売れたら仲介手数料3%+6万円+消費税を頂くというものです。

 

買主の仲介手数料について

不動産を買う人の仲介手数料については、もはや説明の必要はないかもしれません。買った人が仲介業者へ3%+6万円+消費税を払います。

 

売主・買主の仲介手数料の例(不動産売買)

簡単な例をあげてみます。

家を売りたい個人の売主さんがいました。売主さんはまず、売りに出すために不動産会社Aにお願いしました。

売主さん「家が売れたら御社へ仲介手数料を払います」

不動産会社A「窓口として販売活動をがんばります!」

ここで、不動産会社Aはレインズという不動産会社専用のサイトへ物件を登録。日本全国の不動産会社が仲介できることになりました。

(不動産売買取引の仕組みについてはなぜ同じ物件を違う不動産会社でも取り扱えるのか?【不動産売買】で解説しています)

 

すると、レインズでその物件を見た不動産会社Bがお客さん(買主さん)へ紹介し、みごと契約することとなりました。

不動産会社B「仲介手数料は売買価格の3%+6万円+消費税を頂きます」

買主さん「お支払いします」

 

【仲介手数料の流れ】

  • 売主さん ⇒ 不動産会社Aへ
  • 買主さん ⇒ 不動産会社Bへ

不動産売買の仲介手数料の流れは非常にシンプルであるということがわかると思います。

 

スポンサーリンク

仲介業者が1社の場合の仲介手数料の流れ

仲介業者が1社のみの場合の不動産売買では仲介手数料の動きはどうなるのか。シンプルに売主さんと買主さん両方から頂きます。

【仲介手数料の流れ】

  • 売主さん ⇒ 不動産会社Aへ
  • 買主さん ⇒ 不動産会社Aへ

この不動産売買取引では仲介業者は仲介手数料を両方から頂けるため、業界では「両手取引」と呼ばれたりもします。

 

不動産売買での仲介手数料無料と不要(なし)とは?

ここで、今となってはメジャーとなった仲介手数料「無料」について簡単に説明します。加えて、「不要(なし)」についても触れておきます。

 

仲介手数料無料について

ネット上でもよくみかけるはずです。無料で仲介をする仲介業者を通して物件を購入するということです。仲介業者は買主さんから仲介手数料を頂かず、売主さんからのみ頂きます。

 

仲介手数料半額や定額について

半額で仲介したり、50万円や100万円という風に定額制サービスの仲介業者も存在します。

定額制のメリットは、仲介手数料は物件が高くなればなるほど上がっていきますが、いくら高くなろうが定額というところです(もちろん、無料には勝てませんが)。

 

仲介手数料不要(なし)について

売主から直接購入する不動産売買です。『売主⇒買主』という流れとなり、仲介業者が取引に入らないため、仲介手数料は不要(なし)となります。もちろん、売主も仲介手数料がかかりません。

こういった取引ができる物件はそこまで多くないという現状もあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

不動産売買における売主と買主の仲介手数料についての内容でした。今回のポイントをまとめておきます。

不動産売買の仲介手数料
  • 売主も買主も3%+6万円+消費税がかかるのが一般的
  • 無料や半額、定額制の仲介業者も存在する
  • 売主⇒買主の直接売買では、売主も買主もかからない

仲介手数料はマイホームを買う時にも売る時にもかかるものです。無料や半額、定額サービスを提供している仲介業者もあるため、うまく利用していくのも一つの手です。

 

関連記事:【東京23区】建売は仲介手数料無料で買える!~新築戸建購入~






戸建と貯金箱と小銭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。