建売の仲介手数料無料のからくりについて【不動産売買】

新聞のクロスワードパズルとメガネとペン

建売物件をネットで探しているときに、こんな疑問をもったことはないでしょうか?

  • 「仲介手数料を無料にできる理由は?」
  • 「無料のからくりは?」

答えは「売主からだけ仲介手数料を受け取るから」です。

今回は、建売の仲介手数料無料のからくりについて簡単にわかりやすく説明していきます。

 

スポンサーリンク

建売の仲介手数料は通常約3%

まず建売を買うほとんどの場合は不動産仲介業者が間に入るため、仲介手数料がかかることがほとんどです。

実際にいくらかかるのかというと、建売価格の約3%となります。

仲介手数料の正確な計算式(上限額)

建売の税抜価格×3%+6万円+消費税

【参考】建売の仲介手数料の計算方法(上限額)は簡単です!

こういった計算式がありますが約3%という言い方をここではさせて頂きます。

 

仲介手数料無料では0円

仲介手数料無料はその名の通り、無料なので0円ということになります。

普通は約3%かかる仲介手数料が無料になるため、買主(買う人)にとっては非常にメリットは高いです。

例えば、3,000万円の建売だと約90万円、4,000万円だと約120万円、5,000万円だと150万円と非常に大きくなってきます。

建売を買う時にはこの仲介手数料を0円で仲介してくれる仲介会社があるということは魅力的です。

参考:新築戸建(建売)は仲介手数料無料で買える可能性がある?

 

スポンサーリンク

仲介手数料無料のからくりはシンプル

本題の仲介手数料無料のからくりについてですが、非常にシンプルで「売主からだけ仲介手数料をもらって買主からはもらわない」といった仲介サービスです。

売主というのは建売を売る会社である事業主のことです。

 

簡単に表してみます。『⏪』が仲介手数料の動きです。

仲介手数料無料

買主ーー仲介業者⏪⏪売主

買主は仲介業者に仲介手数料は払わずに、売主だけが仲介手数料を払っています。

仲介手数料無料の会社は売主からの仲介手数料のみを報酬にしているということです。

それでも、約3%の報酬ですから事業収益としては少なくありません。

 

念のため、仲介手数料が無料でない場合の仲介についても確認しておきます。通常の仲介ということです。

【通常の仲介】

買主⏩⏩仲介業者⏪⏪売主

仲介業者は買主からも売主からも仲介手数料を受け取るということとなります。

両方からもらうことから、不動産業界ではこのことを“両手取引”と呼ばれます。

もちろん、両手取引のほうが仲介業者も利益率が高くていいのですが、この情報社会では仲介手数料無料のサービス提供が活発になってきています。

今後はこういった流れがさらに加速していくことになるはずです。

 

これで、仲介手数料無料のからくりについては理解頂けたと思います。買主にとっては非常にメリットがあります。

 

また、仲介手数料無料の他にも仲介手数料“不要”という場合もあり、同じく仲介手数料はかかりません。詳しくは仲介手数料が“不要”とは?を参考下さい。

 

まとめ

建売を買う時の仲介手数料無料のからくりについてでした。しくみは非常にシンプルです。

最後にもう一度確認しておきます。

仲介手数料無料のからくりとは?

仲介業者が売主からの仲介手数料のみを報酬にして、買主からはもらわないという仲介モデル

仲介手数料無料のからくりについての質問は、実際の販売の現場でも、ネット上でも非常に多い質問ですが、いたってシンプルなからくりであることはわかって頂けたはずです。



スポンサーリンク



新聞のクロスワードパズルとメガネとペン