建売の仲介手数料をなしにする3つの買い方【不動産売買】

¥0を指さし、なしであるという意味を表している

建売仲介手数料をなしにするには?」という質問について答えていきます。

仲介手数料をなしにするには“買い方”を知るしかありません。

その買い方は基本的に3つしかありませんので、ここでは簡単に説明していきます。

読んで頂ければ、建売の仲介手数料をなしにする3つの買い方について理解できるはずです。

スポンサーリンク

建売の仲介手数料をなしにする方法は3つしかない

仲介手数料をなしにする建売の購入には基本的に以下の3つの方法だけです。

  1. 売主(事業主)から買う
  2. 仲介手数料無料仲介業者を通して買う
  3. 仲介手数料を交渉する

以上の3つについて一つずつ紹介していきます。

①仲介手数料不要でなしにする

まずは仲介手数料“不要”での購入ですが、物件数は少なめになります。

どういった買い方かというと、建売の事業主である売主から直接購入するという買い方です。

直接購入するということは、「売主と買主」という1対1の関係が成立する売買になるため、“仲介”ではなくなります。

よって、当然仲介手数料はなしとなります。

仲介手数不要かどうかの確認方法

仲介手数料が不要かどうか、つまり売主が直接販売しているかどうかは、webサイトや販売図面の「取引様態」という箇所を確認します。

そこに「売主」と書いてあれば、売主が直接販売している物件ということになりますから、仲介手数料はなしとなります。

売主が直接販売する物件は少なめ

売主から直接買えば仲介手数料はなしになるので、「売主から買う」と意気込んでも、実は売主が直接販売するというのは少ないのが現実です。

売主の仕事というのはメインが不動産市場の分析と土地の仕入、建物建築の管理となるので、販売には手を回さないということが多いのです。

また販売するにあたっては、広告費やそこに出向する人にかかる人件費なども加味しなければなりません。

仮に販売できたとしても引き渡しまでは買主さんのサポートをしていく必要もでてきます。

参考記事:建売の購入契約後~引き渡しまでの流れを解説

こういった理由で、売主は自分たちの土俵である仕事に注力し、販売は仲介業者へ任せるということが多いのです。

そのため、物件数は少なめということになります。

 

仲介手数料不要とは?にて、この買い方について詳しく説明しましたので参考下さい。

スポンサーリンク

②仲介手数料無料でなしにする

仲介手数料“無料”での購入ですが、ほとんどの建売で可能です。

というのは売主が直接販売せずに仲介業者へ販売をお願いするからです。

こうなると、全ての仲介業者がその建売を仲介できることになります。

仲介手数料無料の仲介業者を通す

建売の売買では仲介手数料無料サービスを提供する仲介業者が多いのをご存じでしょうか?

なぜ無料にできるのかについては、建売の仲介手数料無料のからくりについて【不動産売買】で説明しましたので参考下さい。

こういった仲介業者を通して建売を購入することで、仲介手数料をなしにすることができます。

 

無料の仲介業者の探し方はいたってシンプルです。

例えば、「仲介手数料無料 東京23区」「仲介手数料無料 横浜」などと、自分の探しているエリア名を入れてグーグル検索すれば、すぐにみつかります。

具体的な説明は東京23区。建売は仲介手数料無料で買えるで詳しく解説しましたので参考下さい。

③仲介手数料交渉でなしにする

最後に3つ目ですが、最も難易度が高い仲介手数料を交渉するという買い方です。ある意味、力技とも言えます。

建売の仲介手数料無料のからくりについて【不動産売買】でも説明したのですが、仲介業者は売主から仲介手数料をもらえますので、無料にすることができるのは事実です。

しかし、仲介業者それぞれで考え方は違いますので、無料サービスをしていない仲介業者に対して値引き交渉をするというのは、成果がどちらに転がらるかわからないという点も含めておすすめしません。

値引き交渉は非常に難しいというのもまた事実です。

 

また仲介手数料を交渉した結果、無料にならなかったからといって、仲介手数料無料の会社へ駆け込むことはやめましょう。

トラブルの原因となります。詳しくは絶対に避けたい!建売の仲介手数料無料でのトラブルで書きましたので参考下さい。

 

トラブル防止という意味も含めてですが、仲介手数料なしでの建売購入を志したのであれば、“初めから”無料の仲介業者へお願いすることが望ましいです。

仲介手数料は交渉しない方がいい理由【不動産の売買】でも出てくるのですが、仲介手数料の値引き交渉はおすすめしません。

スポンサーリンク

④例外:仲介手数料をなしにできない建売

最後に、物件の数としては少ないのですが、仲介手数料をなしにすることがほぼ不可能な建売についてです。

【仲介手数料なしにできない例外】

取引様態が、

  • 専任媒介
  • 専属専任媒介

難しい専門用語なので特に覚える必要はありません。

売主が一定期間、指定した仲介業者一社だけに販売を任せる場合です。

一定期間というのは3ヶ月の場合もあれば、半年の場合もあったり、完売するまでということもあるので一概には言えません(販売開始から3ヶ月間というのが一番多い)。

数は少ないのですが、仲介手数料なしにはできない例外の建売もあるということは覚えておいて下さい。

 

まとめ

建売の仲介手数料をなしにする3つの買い方についてでした。

最後にポイントをまとめておきます。

建売の仲介手数料をなしにする
  1. 売主から直接買ってなしにする(物件としては少ない)
  2. 仲介手数料無料の仲介業者を通してなしにする(だいたいの物件で可能)
  3. 仲介手数料を交渉してなしにする(難易度が高いためおすすめしない)
  4. 例外:なしにすることができない建売もある(物件としては少ない)

建売の仲介手数料をなしにするには基本的にこの3つの買い方しかありません。

気になる物件をweb上でみつけた時は、まず一旦冷静になって物件見学から買い方までのストーリ―を描くことができればベストです。

 

関連記事

東京23区。建売は仲介手数料無料で買える

建売の仲介手数料無料のからくりについて【不動産売買】

仲介手数料が“不要”とは?理由も簡単に【不動産売買】

仲介手数料はいつどのタイミングで払うのか?【不動産売買】

絶対に避けたい!建売の仲介手数料無料でのトラブル

仲介手数料は交渉しない方がいい理由【不動産売買】

建売の仲介手数料無料のデメリットや評判は?【不動産売買】

建売の仲介手数料の計算方法(上限額)は簡単です!

建売の仲介手数料の相場はいくら!?






¥0を指さし、なしであるという意味を表している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。