建売の仲介手数料の相場はいくら!?

戸建の模型とキーボードと仲介手数料を計算するための電卓

「建売の仲介手数料の相場はいくら?」

回答としては「3%」、正確には建売本体価格(税抜価格)×3%+6万円+消費税です。

そこで今回は、建売の仲介手数料の相場についてもう少し掘り下げて取り上げてみます。なぜ“上限額が相場になっているのか”というのもわかって頂けるはずです。

 

スポンサーリンク

建売の仲介手数料の相場は上限額

「建物の仲介手数料の相場はいくらですか?」と聞かれた場合は、「上限額を頂く仲介業者が多いので、それが相場になっています」と答えるようにしています。

上限額というのは、【建売本体価格×3%+6万円+消費税】という計算式で求めることができます。詳しくは 建売の仲介手数料の計算方法は簡単です!(上限額)で解説しましたので参考下さい。

 

さて、上限金額を把握したところで、「なぜ上限額が相場になっているのか?」というところです。答えは単純で、上限額を請求する仲介業者が圧倒的に多いからです。

不動産売買の昔からの習慣で、仲介手数料の上限額で請求することが仲介業者からみるとある種あたり前のようになっているのです。上限額=正規仲介手数料などとも呼ばれていますが、実際はそういった呼び名はありません。

 

仲介手数料は仲介業者がいくらか決めていいもの

仲介手数料というのは仲介業者の報酬であり、いくらかは上限金額の範囲内でそれぞれの仲介業者が決めていいことになっています。

例えば、同じ駅前に仲介業者が2社並んでいるとします。同じ建売でも、A社から買うと仲介手数料は上限額。B社から買うと無料ということはよくあることです。

それぞれの仲介業者が仲介手数料の額を自由にいくらか決めていい中、ほとんどの仲介業者が上限額を頂いているということです。

仲介手数料についてのサービスをホームページで謳っていない場合は、ほぼ“上限額の仲介業者”と判断していいと思います。

 

スポンサーリンク

相場よりサービス!無料や半額の仲介業者も増えてきた!

仲介手数料の相場が上限額となっている中、無料や半額で仲介してくれる仲介業者もどんどん増えてきました。

建売を仲介手数料無料にできる理由は「売主からだけ仲介手数料を頂くから」です。詳しくは建売の仲介手数料無料のからくりについて【不動産売買】で解説しましたので参考下さい。

仲介手数料半額という会社もちょこちょこ見かけます。上限額の半額で仲介をしてくれるということです。

こういった仲介業者は今後まだまだ増えてくるはずであり、5年後、10年後の建売の仲介手数料の相場は“無料”となっている可能性が高いです。

今もすでに、こういった仲介手数料無料・半額の仲介業者は多いので、活用できればマイホーム購入にかかる費用を大きく節約することができます。

詳しい買い方については、

も参考下さい。

 

まとめ

「建売の仲介手数料の相場はいくらなのか?」についてでした。

今回のポイントをまとめておきます。

建売の仲介手数料の相場
  • 相場としては上限額であると言える
  • 上限額というのは、建売本体価格×3%+6万円+消費税
  • 仲介業者が上限額まででいくらか決めていい
  • 無料や半額の仲介業者も存在する



スポンサーリンク



戸建の模型とキーボードと仲介手数料を計算するための電卓