コンセントを増やす費用は1か所1万円とのこと。最初から多めに設置しておけばよかった(注文住宅)

1か所1万円の費用でコンセントを増やせるとしても…(北海道札幌市30代女性・2018年に注文住宅)

私は北海道札幌市に住む30代の主婦です。

私達家族は2018年に念願の新築注文住宅を購入しましたが、ある失敗をしてしまいました。本日はその失敗と解決策についてご紹介します。

これから住宅を購入する方にとって少しでも参考になればと思います。

 

我が家の家族構成は30代前半の夫婦と新築時1歳の息子の3人家族です。失敗したと感じたことは、コンセントの配置数についてです。これに気付いたのは引っ越し当日です。

特に失敗したと感じたのは寝室とキッチンで、まず寝室は、部屋の中にある窓とクローゼットの位置を考慮するとベッドの位置は壁側に配置するしかなく、そうすると一つしかないッコンセントはベッドですっぽりと隠れてしまいます。

ベッドに備え付けのライトのコンセントすら差し込むことができずガッカリしました。

 

次にキッチンでは、壁に取り付けられた炊飯ジャー用の棚や収納の端にコンセントがありますが、冷蔵庫のコンセントからは届かない位置に1つだけあったので困りました。

引っ越し当日にはもうどうすることもできませんでしたが、その後急いでテーブルタップを購入し各部屋で使用しました。

各部屋に1か所ずつしかコンセントが無い不便さと、位置もとても重要なのだと思い知らされました。

 

すでに家を建ててしまい今すぐコンセントに対する不便さを解消できませんが、私なりに解決策を考えました。

引っ越しの荷物が片付き、生活同線に慣れてきたころにコンセントを増設しようと考えています。

ハウスメーカーに依頼し見積もりを取りましたが、意外にも安く工事費を入れても1か所1万円もあればお願いできるそうです。

ですが、部屋数が多く費用がかさむ事、せっかく運んだ荷物を工事の為にずらすと思うとなかなか重い腰が上がりません。

 

これから家を建てる方へのアドバイスは、間取りが決まった時点で家具の配置や生活同線を考えコンセントの位置や数を決めることが大切です。

家族の人数や季節ものの家電などの設置場所も考慮するとより一層快適なコンセントの位置が見えてきそうです。

 

【関連】新築注文住宅でのコンセントの数や位置は非常に重要なポイントだった