庭のアカメの手入れが大変で撤去することに。マイホームは庭についてもよく考えておくべき

庭のアカメの手入れが大変で撤去することに。マイホームは庭についてもよく考えておくべき

庭木のアカメの手入れなどが億劫に…(愛知県40代男性・2006年に注文住宅)

私がマイホーム購入において、私が実感したデメリットを述べていきます。

購入したマイホームについて気に入っていましたが、唯一、私にとって後悔したのは、庭や外回りの構成です。

 

まず、購入当時、庭にはアカメが植えられており、外部から屋内の様子が見えにくくするように、外壁としての機能をもっておりました。

私も、購入して数年は見栄えが良かったと思いました。

しかし、植物は常に成長し、必要以外のところで草木が伸びてしまい、定期的な手入れを余儀なくされてしまいます。

見栄え良くするには、アカメなどの草木のサイズをきれいに揃える必要があります。

園芸用の鋏などを用いて手入れをしてきましたが、季節によっては、蚊や蜂などが飛び回ると手入れもやりづらくなります。

 

また、アカメが害虫の被害に遭い、アカメの葉が食いちぎられることも発生します。

このような状態が何年か続き、庭木の手入れに時間をかけることに意味があるのかと思うようになり、思い切ってアカメを全て撤去するよう、業者に依頼しました。

最終的に、アカメが撤去され、不必要な手入れをしなくて済むようになりましたが、その費用がかかってしまったため、マイホームの購入段階で知っていれば、アカメを植えないという選択肢があったので、後悔しています。

 

また、植物の関連で、庭の地面などに雑草が生えるという問題もあります。

こちらもアカメと同様に、定期的に草むしりや除草剤の使用などで対応していますが、季節によって雑草の成長が早くなることもあり、夏場や梅雨時期ではこれらの作業が頻発してしまいます。

植物の手入れは、購入者のライフスタイルに影響が出ることもあり、無駄な時間を費やす結果となってしまうことも珍しくありません。

もし、植物の手入れが煩わしいと感じたら、庭や外周りに植物をなくすなどをして、毎日の生活に支障が出ないように検討しなければなりません。

 

マイホームをどのようにするか、内装や間取りなど、屋内や建物自体を気にするあまり、庭や外回りなどを気にしない方もいると思います。

しかし、敷地内すべてがマイホームという意識をもって、屋外の構成などを把握し、快適な生活ができるようにすることも大切な要素です。

庭なども、用途によって有効利用できるスペースであり、植物を趣味とされる方、もっと機能的なものを望む方など、ニーズはさまざまです。

しかし、そのマイホームを選び、住むという希望がありましたら、建物、外壁、外回りなども、住みやすい環境、希望を提示することは大切なので、遠慮しないで思い通りに注文してほしいと考えています。