【新築外構安く】追及したら失敗に終わった体験

新築戸建と外構

「新築の外構費用を安くしたい」と考えている方へ。ここでは、失敗談をご紹介します。

体験談概要
  • 新築注文住宅の外構はハウスメーカーにお願いせず
  • 安い個人の外構業者にお願いした
  • 工事ストップ。返金もされず。

【結論】個人の外構業者は安いがリスクもあり。業者選びは慎重に。

新築の外構を安くしようと考え行動した結果が裏目に出てしまった

栃木県20代男性

3年前に彼女との結婚を機に妻と話し合い、アパートでは家賃を払うだけで何も残らないことから、マイホームを購入することにしました。

ただ、通常結婚のタイミングでの購入のため2人で積み立てをしたお金なんてものはなく、頭金をほとんど入れられませんでした。

 

新築の外構費用を安く済ませたい

ハウスメーカーの提携の外構業者は少し割高だと聞いていたため、外構工事は家を建ててその後にお金を貯めてから、ハウスメーカーの提携の業者ではなくホームセンター等に自分らで金額見積もりを取ってお願いしようと考えていました。

 

安い個人の外構業者を発見!

そして、家の引き渡しが完了して1年程度経った頃、外構工事費用の目処が立ったのでホームセンターで見積もりを取ってみると、少し金額が安い位でした。

なので、もっと安いところはないのかとインターネットで検索をしているときに自宅のポストに「外構工事やります」とのビラが入っていました。

それを見つけた妻はすぐにその業者へ連絡。翌週に業者の方が来て庭の確認。さらにその翌週にはイメージ図と見積もり金額についての書類を持って来る流れで、とんとん拍子に話が進みました。

見積もり金額はホームセンターで出してもらったものの3分の2程度で、1番安かったこともあり契約することにしました。

 

外構業者が来なくなる…

いざ工事開始。すると、取り掛かっている途中で1ヵ月程度業者の方が来なくなりました。

理由を聞くとインフルエンザにかかっていたことと別件で立て込んでいると言われ、2週間から1ヵ月で完成すると言われていた工事が2ヶ月たっても終わりませんでした。

その後も別件や風邪を理由にだんだん工事に入る頻度が少なくなり4ヶ月目あたりから来なくなりました。

 

外構業者へ返金を要求

連絡を取ろうと思っても音信不通で、しびれを切らして返金を要求しましたが、これまた音信不通。

1年ぐらい経った頃、弁護士に相談しようと思っているところに外構業者から連絡が来て「返金するが、一気に全額返金は無理で分割で返す」と言われました。

しかし、返金すると約束した日になっても振り込みはされておらず、現在も返金待ちの状態です。

 

新築の外構を安く済ませたい方への注意点

このように個人外構業者は安いのですが、話がこじれる場合がありますので、充分注意して業者を選定してください。

値段は高くなるかもしれませんがハウスメーカー等の紹介であれば信用もできるのでそういった業者を選ぶことをお勧めします。

 

【新築外構安く】修理でつけがまわってきた?(北海道30代男性・2015年に建売住宅購入)

現在でも、その家に住んでいます。特に問題無く、住むことは出来てはいます。

しかし、今にして思えば、購入時に失敗したと後悔する点があります。

その一つが、エクステリアのフェンスです。

 

私が購入した建売住宅は、不動産建築会社との契約前であっても、ある程度のカスタマイズが出来ました。

しかし、建売住宅を正式に契約して購入するまでは、不動産建築会社と提携している会社にしか、施行してもらえないという制限がありました。

そして、エクステリアの工事も同じように制限がありました。

しかし、不動産会社の提携先の業者に見積もりを出してもらったところ、予算を大きく超える事が分かりました。

これならば、購入後、自分で安く施行してもらえる業者を探したほうが良いという結論に至りました。

結果的に、エクステリアには全く手を加えない状態で、建売住宅を購入する事にしました。

 

購入後、計画していた通りに、エクステリアを安く施行してもらえる業者に依頼する事にしました。

そこで、家が住宅街にあることから、外からの目隠しの為にも、フェンスの取り付けを依頼することにしました。

どのようなフェンスを取り付けるか、という打ち合わせを業者と念入りに行い、公園のフェンスのような感じにする方向で決まりました。

施行直後は、とても見た目も良く、私も気に入っていました。

 

しかし、その年の冬に大雪が降った為、雪の重みによりフェンスが大きく曲がってしまいました。

春先になって、業者に修理の依頼をしましたが、他の工事が何件もあり、今は修理にいけないという話をされてしまいました。

その後、何度も修理依頼をしましたが、結局、修理してもらう事は出来ず、フェンスは曲がったまま一年以上が過ぎてしまいました。

業者もあてに出来なくなり、自分で修理する事となりました。

これならば購入時に、不動産建築会社との提携のある業者にしておけば良かった、と後悔しています。

住宅購入は、一生の中で、最も高い買い物である以上、費用を抑えていい部分の判断を誤ると、取り返しがつきません。

 

これから家を購入しようと考えている人には、外見やエクステリアにも熟考してもらいたいと思います。

そして、購入する前に、四季の移り変わり等の、予測出来る変化には、十分に配慮してほしいと思います。

そうすることで、購入後のエクステリアのトラブルを未然に防ぐことが出来ます。