大手ハウスメーカーでの施主支給は難しいということがわかる体験談

クロの壁を基調とした手すり付きのユニットバス

「大手ハウスメーカーでの施主支給は可能なのか?」こういった疑問を持っている方へ。

ここでは、大手ハウスメーカーでの施主支給についてのハードルの高さのわかる体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

【体験談】施主支給希望は撃沈。大手ハウスメーカーでの体験。

『山口県50代女性より』

2008年に注文住宅を購入。

 

保証問題

大手住宅メーカーの特徴なのかなと思うのですが、自社が取り扱っていない工事を施主が他社と部分的に契約することを嫌がることが多いようです。

我が家の場合、床下ソーラーを新築工事の途中に他社に入って貰って工事して貰いたかったのですが、住宅メーカー側が、何もしないにも関わらず、管理料、監督料的な金額などを見積もりに計上してくるので諦めました。

基本的に工事完成まで、自社の下請け以外の工事関係者の出入りは避けたいのが本音のようです。

それは、その時の工事だけのことでは無く、それに付随した部分の家の保証もしないといったことにも繋がるので、後々まで尾を引きそうでした。

 

ソーラー発電にしても、塗装にしても、住宅に付随する物を他社でしようとすると、住宅の保証もできないということでした。

大手住宅メーカーなので、独自のソーラーパネルを屋根に固定する金具だとか、自社の外壁には自社独自の塗装でなければ上手く塗装が仕上がらないといったこともあるようです。

住宅の保証に関しては、このような認識でいたほうが良いです。

 

悲しい気分満載になりましたが、そういうものなのだということを痛感しました。

大手住宅メーカーには、大手なりの良さや強みもあることは事実ですが、思った以上の縛りを受けることもあるということになります。

 

ハウスメーカー選びは悩ましい

大手にするか、地元工務店にするか、悩ましい選択だと思います。

良いとこだけ取ることは出来ない訳で、自分が何を重要視するかということになります。

大手の安心感、長い保証は確かにメリットです。但し、大手独自の縛りもあります。

地元工務店、こちらは一概に言えない程、ピンキリだと思います。

自分の選択眼に自信があり、ここぞと思う工務店であれば、良いお付き合いをして、思い通りの家を建てるのも良いと思います。

もちろん、口コミ等も調べてみるべきだし、友人等に建築に詳しい人がいれば意見を聞くこともお勧めします。

営利を伴わない意見を集積し、自分が何を重要視したいのかもよく考えてから、どこにお願いするか決めると良いと思います。

地元工務店で建ててわかったハウスメーカーとの違いは臨機応変

 

注文住宅では全てを実現することは現実には不可能ですから、自分達の優先順位をはっきりさせて、それを伝えることが肝心だと思います。

それが夢を現実にする作業であり、イメージになります。

【関連】施主支給の2つのデメリットを知った我が家の注文住宅体験記



スポンサーリンク



クロの壁を基調とした手すり付きのユニットバス