家を建てたが引っ越し当日までいろいろ対応してくれない工事担当者に唖然・・・

青い車の荷台にのっかっているマイホーム

【体験談】マイホーム引っ越し当日まで対応してくれない担当者っていったい…(宮城県30代女性)

平成28年に注文住宅を建築

 

間取り決めや壁紙選び・外壁選びなどが順調に進み、着工も予定通り。ここまでは何のトラブルもありませんでした。

いよいよ引っ越し準備をし始めるころに、ハウスメーカーの工事担当のAさんと旦那と内覧点検をしました。

「一度設置したドアストッパーの位置をずらしたために出来たネジ穴跡は後で修繕します。」

「お引っ越し前に、駐車場は完成出来ないけど、砂利を敷いたり、簡易的に階段を作るなどして、玄関回りを整えて、お子さんや奥様が転ばないようにします。」とお話してくれました。

当時、私は第3子を妊娠中で8ヶ月後半。せり出たお腹で足元は見えない状態でした。

 

引っ越し日も決まり、数日前からちょっとずつ荷物を運んだりしていましたが、玄関回りを簡易的にでも、いじった様子は全くなく、ドアストッパー設置で開いた穴跡が修繕される様子も全くなく、それは前日になっても変化がありませんでした。

「さすがにこの玄関回りでは引っ越し業者の方も荷物を運ぶのにひどいんじゃ…」「ってゆーか、ドアストッパーの穴は開いたままなの?」と不信感も募り、工事担当の方、営業担当の方に連絡しました。

引っ越し当日、家に着くと工事担当の方が板で簡易的に階段だけを作っていました。「は?今から引っ越しのトラックもくるのに今なの?前日まで全く動かなかったのはそちらなんだから、夜来て作っておくとかしないの!?」と怒りが沸々としてきました。

なんとか、引っ越し業者の方に荷物を運んでもらい、自分たちでの片付け作業をしていると、出てくる出てくる…いろいろな不備…。

  • 洗面台下の棚板にひび割れ
  • 洗面台の鏡が斜めに設置されていたため、鏡棚を開けると鏡が勝手に閉まる
  • あちこちの浮いた壁紙
  • 台所の換気扇カバーが上手くはまっておらず、浮いている
  • 台所上の棚の扉が外れかかっている
  • あそこに傷。こっちも傷。ここには目貼りのテープが貼ったまま…。等々。

 

「ねぇ…新築なんだよね?中古リフォームとかじゃないよね…?」

「これじゃぁ、床下に廃材やゴミを遺棄されててもおかしくないよね」

「柱とかも大丈夫なの?断熱材とかカビはえてたりしないよね…」

旦那ともども、ハウスメーカーに対して不信感でいっぱいでした。

私も旦那も働いており、子供たちも5歳と3歳…。あっちこっちの修繕や取り替えで、結局、片付けも進まず、子供たちが遊べるスペースもなく…。

「アパートから、せっかく広い家に引っ越してきたのに…。子供たちも遊べず、私たちもくつろげもしない…。」とむなしくなりました。

 

私の休みの日には、修繕工事や取り替え工事の予定がびっしり…。

ただでさえ、すでに臨月で産休までもぅちょっと…。休日くらいゆっくりしたいのに休めず…。業者も信用出来ないので、常に修繕・取り替え現場に立ち会い…。

結局、すべての工事が終わったのは第3子出産後、1ヶ月後くらいでした。

工事担当のAさんは、過去にも「対応が遅い」とクレームを何件も出していたみたいです。研修生として本社がある県に戻されたと聞きました。

 

担当者が対応してくれないようなら交代もあり

今思えば、工事担当のAさんは、打ち合わせ段階から対応がちょっと遅い印象がありました。その時点で担当を代えてもらえば、こんなことにはならなかったのかな…とも思いました。

  • 対応が遅い、悪い
  • 曖昧な言い回しばかりではっきりしない

などという部分がみえたら、担当を代えてもらう方が良いかもしれません。

場合によってはもぅ、ハウスメーカーを代えても良いと思います。

家を買うということは、そこに住み、そこで生活をし、そこで子供が成長し、住人の一生を背負うものです。

クレーマーだと思われたって、思ったことや意見は言って良いと思います。こちらは一生の買い物をするのですから。

宮城県30代女性

【関連】「転職したら?」ハウスメーカー営業マンの本音が炸裂した!!(怒)