住宅展示場は予約なしで行くより予約をして行こう!理由は担当者にあり(体験談)

住宅展示場は予約なしで行くより予約をして行こう!理由は担当者にあり

住宅展示場は予約していく方がベター(兵庫県30代男性)

住宅の購入に際して、住宅展示場などの見学から計画をスタートされる事も多い筈はず。

私の経験した住宅展示場見学の際の失敗と対処策をご紹介します。

 

住宅展示場は複数社の住宅を一斉に見学できるとても良い機会ですよね。

予約しなくても見学する事が出来ますし、土日ですとイベントやスタンプラリーなどもあるので、ふらっと行きがちな方が多いと思います。

かく言う我が家も、実家に帰省した際に妻のご両親から『そろそろ家の購入を考えたら?』『歳をとってからだとローンがしんどいよ』との言葉をきっかけに、実家からの帰り道に展示場に寄ったのがきっかけでした(笑)

ただ、予約せずに行ってしまうと興味のある住宅メーカーでも若手の方に接客されたり、逆に年の離れたベテランの担当者に対応される事もあり、話が合わなかったり知りたい情報を入手できない事もしばしばです。

且つ、結構多くの住宅メーカーが最初に接客した人=我が家の担当者 と言う事も多いようで、自分たちの一生に一度の買い物を任せる担当者がそのように決まってしまうのも不安ではないでしょうか?

我が家も若手の方に接客してもらい、話が進んでいったメーカーもあり、打合せの最初に上司の方が同席され、1人では対応せず、私も同席しますので!と言われたものの、その後1度だけ同席され、その後は来ないような住宅メーカーもありました。

若い方でも優秀な方も多いと思いますが、やはり経験不足は気になりますよね。

 

そこでお勧めなのが、住宅展示場の来場予約です。

しっかりと予約していくと、その展示場の店長の方やそれに相当する方が接客してくれる事も多いのでお勧めです。

また、意中のメーカーが決まっているのであれば、平日に行ける方はそれもお勧めです。

我が家も最終的に決めたメーカーの方は予約していくとしっかりと時間をとって接客してくれましたよ。

平日にわざわざ休みを取って行くのは… と言う方も多いと思いますが大きなお買い物です。

しっかりと準備して行かれることをお勧めします!