オール電化で停電してもお湯が出た!エコキュートのメリットを享受!

IHコンロの横に置かれたパスタと調理器具

【体験談】停電に見舞われたがオール電化でもお湯を得ることができると知った!

静岡県30代女性

2017年に建売住宅を購入

 

オール電化の建売住宅に決めた

ある日、某ハウスメーカーが土地分譲をすると聞き、早速、現地看板を見て連絡したところ、営業の方がすぐに来てくれました。

話を聞いてみると、全4区画のうち2区画は土地分譲で注文住宅、残り2区画は建売住宅でオール電化住宅とガス併用住宅を一軒ずつ建てる計画と聞き、最終的にはオール電化の建売住宅に決めました。

決め手は建売住宅の方が費用を抑えることが出来たのと、IHコンロの掃除のしやすさです。

ただし、不安もありました。それは停電したとき、オール電化住宅というのは困るという印象があったからです。

そのため、新築に引っ越して、ガスのカセットコンロを買っておくことにしました。

 

住んでいる地域の突然の停電

入居後は特に不便なこともなく、IHコンロの掃除のしやすさに大満足していたのですが、いよいよ不安視していたことが起こりました。

2018年の10月、日本列島を横断した台風が私の住んでいる地域に大きなダメージを与えました。それは停電です。
深夜11時頃、突然電気が消えました。いよいよこんな日が来たかと思いましたが、明日には電気も復旧しているだろうと思い、特に慌てることはありませんでした。

ところが、翌朝になっても停電のままです。私の住んでいた市内全域と周辺地域の広範囲で停電していたのです。

 

そこで、隣に住んでいたガス併用住宅の住人にお湯をもらえないかと相談しましたが、予想外の回答でした。

ガス併用住宅でもお湯が使えないのです。理由はガス給湯器のリモコンが停電していて作動しないためでした。

その点、我が家にはカセットコンロがある事を思い出し、隣の方にも貸し出しとても重宝しました。

 

停電でも温水が!オール電化でもエコキュートだとメリットあり!

その日の夕方、まだ停電は復旧しません。お風呂どうしようかと思い、ふと水道を温水へ切り替えたところ、

あれ?暖かい。

我が家は電気温水器(エコキュート)でしたので、昨日の温水が貯水されていたのです。

通常のお湯に比べるとぬるま湯ですが、子供の汗を流すには十分だと思い、急いで子供をお風呂に入れました。

 

季節もまだ良かったおかげもありますが、お湯もなんとか使え、カセットコンロを購入していたことで災害対策にも繋がりました。

オール電化住宅の意外な一面や、デメリットを理解することで対策することができて良かったと思っています。

 

【関連】