住宅ローンは夫婦合算。子供が生まれ妻が退職。夫が単独で払いつつ子供も増え戸建に買い替えに

ウエディング姿の新婚夫婦が黒い車で青い海の砂浜に参上

【体験談】夫婦合算で住宅ローンを組み新築マンションを勢いで購入。 子どもができ私(妻 )は退職。計画性の重要さを思い知った

神奈川県30代女性

2006年3月に新築マンションを購入

 

モデルルームに立ち寄った

賃貸マンション契約更新のタイミングで、遊びに行った先にあったモデルルームにふらっと立ち寄ったのがキッカケです。

当初はマンション購入などは全く考えておらず、「分譲マンションって、どんなもんなのだろう?いずれは参考になるかも?」と、未来の情報として興味本位で行ってみる事にしました。

そこで初めて見たモデルルームの、何て素敵な事。インテリアコーディネーターさんが選んだセンスの良い家具と、マンションの建物構造の安定感。

すっかり目からウロコで、頭の中で思わず分譲マンションライフを想像してしまいました。賃貸マンションとのギャップに驚嘆し、みるみるうちに購入の方向へ!

 

自己資金はほとんどなし

しかし、浮かれたままだった足取りが、お金の問題で我にかえります。

まだ20代の夫婦には多くの蓄えもなく、家を買うなんて予定は全くなかったので、もちろん頭金なんてものはほとんどありません。

諸費用くらいしかなく、まだ勇み足だったな、と反省し始めた時。

不動産屋さんと銀行さんの連携プレーにハマってしまいます。

 

共働き夫婦だったので共有名義で思い切って購入

担当さんの言葉を真に受けてしまいました。

「今は低金利時代。金利が上がらないうちに住宅ローンを組んだ方が総支払額は少なく済みますよ。不景気だし、住宅ローン減税もいつまであるか分からないので、金利が安いうちに頭金なしで購入される方が今は多いんですよ。共働きなら、数年後に繰り上げ返済や借り換えもできますし。」

そして組んだ住宅ローンは、旦那さん名義と自分名義の2本で30年。

当時は共働きで、夫婦2人でガツガツ働いて繰り上げ返済とかしちゃえば定年前に終わるじゃん!子どもも欲しいと思ってないし!優雅な駅前ライフを満喫しよう!と張り切っていました。

家も買ったし、これからの人生は安定だ〜くらいに思い込んでいたまさに若気の至り。

 

繰り上げ返済をしていった

しかしです。繰り上げ返済や借り換えには、それなりの手数料がかかります。

何十万円レベルで。それを払って繰り上げ返済したところで、支払い期間は短くなっても、総支払額はトントンではないのだろうか?意味があるのだろうか?少しでも安い銀行ローンに借り換えるにも手数料がかかる。

※補足:住宅ローン繰り上げ返済は、通常、期間を短くするか、今後の月々の支払額を抑えるかの選択が可能です。

 

子供ができ退職。最終的に戸建てに買い替えることに

そんなこんなでモヤモヤしているうちに、子どもが欲しくなり、妊娠をキッカケに私は退職。自分名義の住宅ローンは残っているので、旦那さんのお給料から支払う始末。

社会人として収入がなくなった私には、住宅ローン減税の確定申告もないので年末調整では旦那さんのローン分しか返ってこない。

今思い返すとおぞましい時代を過ごしました、、、。

 

その後、子どもの人数も増え、駅前マンションを売って一戸建てに住み変えました。マンションはちょうど築10年だったので、ほぼ購入した金額で売れたのが救いです。

前回の反省を踏まえ、繰り上げ返済はしない前提で住宅ローンを組みました。

 

住宅ローンの夫婦合算はいいが、今後の人生設計についてしっかり考えつつ貯金もしておくことが重要

住宅ローンは大きな買い物なので、今買う気はなくても、若いうちからお金は貯めておくべき!夫婦2人で生きていこうと思ってても、人生設計はどこで変わるかわからず。

ですので、備えあればうれいなし!「とりあえ住宅ローンを組んで、後から変えられますから」と言う銀行さんの甘いささやきはうのみにせず、冷静に堅実に。

やはり勢いだけでは後悔することになると思いますので、モデルルームでテンションが上がった勢いで契約までいかないように、地に足をつけて貯蓄に励みたいものです。

 

【関連】