住宅ローン金利の比較。少しの努力で200万円得しました!(3,000万円の物件)

住宅購入時の節約方法を私の実体験を元にお伝えます。

結論から言いますと、大変ですが必ず自分の足で節約してください!住宅を購入する場合は、大体の方が不動産屋に出向かれると思いますが、言いなりになってはいけません。住宅ローンを組む際の銀行選びや火災保険、司法書士まで建物代以外にも色々とお金がかかります。1万円でも惜しい私が体験した不動産屋での出来事をお話しします。

スポンサーリンク

住宅ローンは不動産屋に任せず自分で金利を比較した

年収500万で3,000万円の物件を購入した時の話です。ずっと1軒屋を夢見ていた私は、ネットで毎日のように物件検索をしていました。駅が近い、4LDK、3階建、妻の実家が近い。私の希望条件がすべて合致した理想の物件でした。すぐに不動産屋に出向いて話を聞きましたが3週間ほどで契約まで行きました。バタバタでした。

3,000万円を借りるための銀行選び。35年フルローンです。おそらく不動産屋からおすすめの金融を紹介されると思います。大体の説明がされますが、一番気になる金利をしっかりと聞いておきましょう。0.1%変わるだけで何十万円も支払い額が変わります

私の場合は変動金利で0.91%を提示されました。仮審査は何行でも審査してしまって大丈夫です。大体の人が、めんどくさい、分からないから、という理由で決定してしまうようです。ですが、その金利本当に低いですか?もっと低い金利の銀行はありませんか?金利以外にも、保証料、事務手数料など銀行によって変わります。

ではどうすればいいのか。まずはキャッシュカードやクレジットカードを持っている銀行があるならまずはその銀行へ行ってみましょう。もし、不動産屋で行った仮審査が通っているなら、その金利を正直に伝えても良いでしょう。私は〇〇銀行はこの金利でしたが、おたくはどうなのか気になって。と言いました。

3件ほど同じように回って仮審査をお願いすると・・・金利0.61%の銀行が見つかりました。金額にすると200万以上得をした訳です。もちろん銀行によって保証料なども違うのでその辺もしっかりと見ておきましょう。

自分の足で住宅ローン金利の比較を

アドバイス
初めにも言いましたが、住宅ローンの金利で1万円でも節約をしたい、とお考えであれば自分の足で比較して稼いでください!大変ですが大切なお金です。結果的に私は少しの手間で200万以上得をしましたので。

兵庫県在住・男性