ネット銀行系の住宅ローンでは司法書士費用が高くなる!?意外と見落としがちな理由

不動産登記権利情報の冊子

ネット銀行系の住宅ローンは金利が安いなど魅力もあり、マイホーム購入では選択肢として考える人も多いです。

ですが、意外に知られていなというか盲点なのですが、司法書士の費用が高くなりがちであるというのを知っている人は少ないです。

単純にだいたい4万円くらい高くなるケースもあります。

そこでここでは、「なぜ高くなるのか?」というところと、「ネット系の住宅ローンでも司法書士費用を相場通りに抑える方法」というのを提案していきます。

弊社は東京の中央区日本橋兜町にある不動産会社です。

ネット銀行系の住宅ローンでは抵当権設定登記が司法書士指定

住宅ローンを組んで不動産を購入する際は、司法書士の先生に登記を委任します。

この司法書士へ依頼する登記は主に、

  1. 所有権移転登記
  2. 抵当権設定登記

となります。

①所有権移転登記

これは土地と建物を今の持ち主(売主)から購入するあなた(買主)へ名義を移す登記です。

この登記が完了すると、晴れて不動産はあなたの所有となります。

②抵当権設定登記

住宅ローンを借りるのなら必ず必要になる登記です。

そもそも銀行は住宅ローンを貸す際に、あなたの信用+購入不動産を担保にお金を貸してくれます。

そして、あなたの不動産は銀行にとって担保となるため、抵当権というものが設定されます。

登記されると全部事項証明書(俗にいう謄本)には、あなたが住宅ローンを借りた銀行の名前といくら借りたのかということが記載されます。

万一、今後あなたの住宅ローンの支払いが滞るようなことがあれば、あなたの不動産を売却して返済をしてもらうという権利が住宅ローンを貸した銀行にはあるということになります。

この抵当権設定登記についてネット銀行系の住宅ローンでは、ほぼほぼ司法書士がその銀行の指定となります。

ネット系銀行では司法書士が2人となってしまうので費用が高い

通常、戸建やマンションを買うときの司法書士費用は、司法書士により変動するが10万円~15万円程が一般的な相場になってきます。

司法書士費用(報酬)とは、

  1. 人件費
  2. 謄本取得費用
  3. 交通費・郵送費

などをトータルして呼びます。

そして、ネット銀行系の住宅ローンでは司法書士が、

  1. 抵当権を設定する司法書士
  2. それ以外の登記と業務を行う司法書士

と2人に分かれてしまいます。

そうすると、単純に人件費は2倍となってしまうということになります。

単純にこのような理由でだいたい約4万円~というような費用の差が出てくることになります。

※差については司法書士により変動します。約4万円というのはあくまで一例です。

ネット銀行系の住宅ローンで司法書士費用を相場通りに抑える方法

それではネット系の住宅ローンを利用した場合でも、司法書士費用を相場内に抑えるにはどうしたらよいのかというところです。

これからマイホームを購入する家族にとって、「この4万円は大きい」というのは当然です。

ネット銀行指定の司法書士に全部任せる

司法書士費用を相場内に持っていくにはこれにつきます。

全ての登記を一人の司法書士に委任するという、通常の不動産売買取引の状態に持っていくだけです。

それだけで、もう1人の司法書士を動かす必要はなくなります。

ネット系銀行が抵当権設定登記に指定した司法書士が、「他の登記や業務はやりません」ということであればこの作戦は使えませんが、そんなことは普通ないと思います。

その司法書士にも仕事が増え、報酬も増えるメリットがあります。

購入するあなたにもメリットとなるため「win-win」の関係と言えます。

売主が司法書士を指定している場合は残念ながらあきらめる

特に不動産会社が売主(物件を所有)で販売している物件では、概要欄をみると司法書士が指定とされていることがほとんどです。

この場合、

  1. 抵当権設定登記をする司法書士
  2. その他の登記手続きと業務をする司法書士

とうような役割へと分かれてしまうため、あきらめざるをえない物件となります。

 

※ここではネット系の銀行の住宅ローンの司法書士費用についてを取り上げましたが、通常の都市銀行や信用金庫、地方銀行の住宅ローンにおいても抵当権設定登記は指定となるケースもありますので、購入前にそのあたりはしっかりと確認することをおすすめします。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。