マイホームの優先順位を決めて購入しよう!~2つの体験談~

マイホームを購入し一年近く経った最近、何だか近所に更地が目に付きます。

その度に私の心の声が

「ここの方が駅に近いよね?」

「もしかしたらこっちの方が安かったんじゃない?」

そう問いかけてくることがしばしばあります。

その度に、なぜ今の場所にマイホームを購入したのかという原点に戻り、優先順位を再確認し不安をおさめています。

これからマイホームを購入される方、資料を集め、検討を続けていくと、数々の情報がごちゃ混ぜになり、訳が分からなくなることがあると思います。

マイホーム購入に当たり、優先すべきことは二点、家族にとっての利便性とその土地の資産価値です。

何を優先順位としてそこにマイホームを購入したのかが明確であれば、“隣の芝が青く”見えすぎずに済むのではないでしょうか。

スポンサーリンク

マイホーム優先順位①「利便性」

利便性とは様々ありますが、

交通面であれば

  • 駅・バス停までの時間
  • 通勤・通学の距離と時間
  • 車を所有しているなら一方通行や狭さなど
  • スーパーやコンビニまでの時間

 

生活面では

  • 最寄りのスーパーやコンビニまでの距離
  • 病院や金融機関(ATM)までの距離

 

マイホーム購入のきっかけになりやすい育児面

  • 保育園、幼稚園までの距離、空き状況
  • 通学路が危なくないか
  • 小中学校の校風
  • 遊びやすい公園があるか

 

環境面では

  • 隣家との密集具合
  • 近所にお住まいの方々の年齢層、雰囲気
  • ゴミ捨て場はきれいにされているか
  • 特に夜間の人通りと外灯
  • 古い建物が密集していないか

 

などが挙げられます。

マイホーム優先順位②「土地の価値」

住宅は住めば住むほど金銭的価値は減りますので、土地の価値だけが後々まで残っていくものとなります。

土地の価格についてはいくつかの観点がありますが、代表的なものは公示価格実勢価格と言われています。

公示価格とは国または都道府県が公表している価格で、実勢価格とは実際に取引されている価格です。

実際には売り手と買い手の都合で実勢価格は変動してしまいますので、公示価格とリンクしていないことも多いです。

公示価格よりも実勢価格が安ければ、お買い得であったとも考えられます。

この二つの価格はインターネットで誰でも調べることができます。

スポンサーリンク

我が家のマイホーム優先順位は「子供」でした

正直、私はちょっと通勤に不便をしているところもあります。

ただマイホーム購入での優先順位1位は、子供の保育園と小学校のことでした。

子供たちは嫌がりもせずに、また道中の危険も少なそうな道で元気良く通ってくれています。お友だちもたくさんいるようです。

駅に近い物件であれば、通勤には便利かもしれませんが、騒音が気になって熟睡できないかもしれません。

近所にはお年寄りが多く、皆さん、気持ち良く挨拶をしてくれ、子供たちのことを気にかけてくれています。

あなたの家族にとっての優先順位を基にマイホームを決めて下さい

資産価値は今のところトントンぐらいでしょうか。ひどく損していなければいいかなと考えています。

家庭の考え方によっては子供が全てでは無い場合もあると思います。

人によってマイホームの優先順位は変わって当然です。

100点満点の物件は無いと思います。

何が自分たちの人生にとって優先すべきことなのかじっくり考えて、マイホーム購入条件の優先順位へ繋げていくのが良いのではないでしょうか。

神奈川県・男性


スポンサーリンク

体験談②:優先順位を決め20代でマイホームとして新築マンション購入

私はマイホームを購入して充実した生活を過ごしています。

結婚をきっかけに29歳の時に新築マンション(3LDK)を購入しました。20代で買うものとしてはかなり高い買い物でしたが、住んで5年経ちあの時の決断は間違っていなかったと感じています。

最初はマイホームを買うなんて全く考えていませんでした。

結婚する前は彼女と同棲をしていて、毎月家賃を払っていました。保険の掛け捨てみたいなことに勿体無くなり、資産として残るマイホームに興味を持ちました。

それから、休日は分譲マンションを内覧するようになり、沢山のマンションを内覧しました。内覧すればするほど「こんなところに住んでみたい」となります。

ただ、良い物件になればなるほど、物件の価格が高く毎月ローンを払っていけるのかが心配になりました。他には「この物件よりももっといい物件があるのではないか」と思ってしまうことにも悩みました。

マイホームにおける優先順位の整理

そこで、私はマイホームを購入するにあたって優先すべき順番を整理しました。

私が最も優先したポイントは住環境です。車が無くても生活できる場所を第一に考えて探しました。

徒歩で買い物、病院、小学校、中学校に行ける場所を優先し、駅までの距離や仕事場までの距離は二の次としました。

マイホームを購入してみて分かったのですが、希望を全て叶えようとするとその分金額が高くなります。お金がある方はそれでも良いとは思いますが、一般的なサラリーマン家庭であれば妥協することも必要です。

また、マイホームを購入するには思い切りも必要です。

良い物件は沢山ありますので、思い切って購入することをお勧めします。住めば都という言葉がありますが、住んでしまえば「購入して良かった」と思います。

また今は金利も安く、今後消費税も上がってきますので、安いうちに購入するべきです。

他には、住宅の販売会社と施工会社は別のケースが多いので施工する会社がきちんとしている会社かどうかをしっかりと調べる必要があります。

アドバイス

マイホームは自分の資産となりますので、自分が何に重きを置くべきかしっかりと考えて、優先順位を決めて購入することをお勧めします。

埼玉県在住・男性

中古戸建の探し方。優先順位を決めておかないと買えないと知った

2017.04.17





スポンサーリンク