独立するなら早めの行動を!作業場兼自宅用の土地探しの難しさを痛感

会社勤めで経験した事を生かすため、自分で商売を始めようと考え、その条件に合う土地と物件を探していました。

まず仕事内容ですが、大型工作機械を用いて、鉄やアルミの製品加工を施します。なので、多少の切削音が発生するため、民家から離れている地域そしてその機械を設置するため地盤がしっかりしているのが条件になります。それが少しネックと言う事が理由で地元近辺での土地探しは困難な状態でありました。

スポンサーリンク

希望の土地がなかなかみつからない

土地探しがなかなか見つからない理由として、その近辺が大きな住宅地であったため、少し孤立した土地が限られたいた事が上げられます。不動産会社に依頼し土地を紹介していただけたのですが、ほとんどが民家の近くと言う事もあり、どれも条件には当てはまりませんでした。

仕方なしに、もう少し範囲を広げて土地探しを考えました。またまた不動産会社に依頼し、複数の物件を選んでいただいたのですが、今度は金額的な面で折り合わず、契約には至りませんでした。

土地探しを甘くみていた

それからは今は縁がないという考えが先に経ち、その当時は独立を諦めました。しかし今考えますと、独立する事を考えているならば、もっと早い段階での土地探しが必須だったと思っています。より早い段階で経験されている方々に意見を求め、熟知しておく事も必要だったかも知れません。

スポンサーリンク

的を射た早めの行動を取るべき

普通に騒音や地盤などの問題が無い場所であれば、直ぐにでも土地探しは完了したかもせれませんが、何せ大きな工作機械を何台が導入した上での作業と言う事で、一般の作業に比べ特殊を要する場所と言えるため、そう言う事もすべて把握した上での土地探しに対する行動が自分には足らなかったと感じます。

初めから分かっていた事ではありますが、私の安易な考えが独立を断念せざる得ない状況にしたことは言うまでもありません。土地探しの難しさについても痛感しました結局この歳になって独立は諦めましたがその事だけ悔いに残った思いでいっぱいです。

大阪 49歳 男性