翌年に家の前で冠水。土地は災害リスクも把握してから購入しなければ

愛知県20代の男性より。

物件の災害リスクも考慮した土地選びから注文住宅の体験談です。

スポンサーリンク

天災も考えて万全を期して望んだ土地購入のはずが…

2016年に土地から購入し、注文住宅で新築の家を建てました。

これでもかと言うくらい手間と時間を掛けたはずなのに、なんと新築から1年後、台風による大雨で家の前が冠水してしまったのです

 

私はかなり疑い深く、自分で調べた事以外は基本信用しない面倒くさい性格です。

土地を購入する時も市や県が発行している「津波」「浸水」「震度」等震災情報が載っているハザードマップを全て確認しました。

ハザードマップと用途地域はマイホーム購入前に確認すべき

ハザードマップだけでは信用できず、過去この土地が「埋め立て地」「田んぼ」「畑」等何だったのかを昔の地図を探して確認しました。

土地を購入すると決めた後は近所の年配の人を見つけては、過去の記録的豪雨となった「東海豪雨」の時にどのくらい水が来たのかを聞いてまわりました。

見えない部分も地盤調査をしてもらい「液状化」「地盤沈下」につても調べ知り合いの専門業者にアドバイスをもらいながら地盤改良もおこないました。

 

想定外の天災周期

そんな万全を期した土地だったのに、新築から一年後、大雨により家の目の前が冠水しました。

ただ気持ちはなんで冠水してんの?ではなく少なからず想定の範囲内でした。

想定内と言うのは、過去1番浸水した水の高さを近所の年配の人に聞いていたので、その高さまで家の基礎をあげていたので床下浸水すらならずに済みました。

家の基礎をあげていなければ間違いなく床上浸水でした。

想定外だったのが、前回と言うか過去1回だけ浸水した事があるのが統計上、少なく見ても100年200年に一度の「東海豪雨」の時のみと聞いていたからです。

なのでそれなら大丈夫と甘い考えをしていました。

それがなんと一年後に起こったのです。思い出してください。

今、異常気象が当たり前になりつつあり、10年に1度と言う天災がそこら中で起きていませんか?

10年に1度は毎年、100年に1度が10年に1度くらいになってきていてそれが当たり前になりつつあります。

 

スポンサーリンク

天災リスク十分考えた土地と建物構造選定を

天災と言う部分で決して甘く考えず、過去にその土地で起こった天災が毎年おこる可能性があると考えて、土地選びや家の構造を決めてください

私の運命の別れ目は、近所の年配の人に聞いて1番最悪なパターンを想定していた事でした。

その土地に昔から住んでいる人は、当たり前ですがその土地の天災を全て経験しています。

もし聞きにくいなら役所の土木課に行けば親切に教えてくれるはずです。