土地探しは複数のハウスメーカーや不動産屋さんにお願いした方がいいのか?みんなの体験談から学ぶ!

マイホームに向かってserchと書かれた虫メガネを向ける



これからマイホームを建てる方にとって、土地探しは

  • 不動産屋さんにお願いした方がいいの?
  • ハウスメーカーにお願いした方がいいの?
  • それぞれ複数お願いしたほうがいいの?

という疑問があるかと思います。

ここでは、実際に土地探しを完了したみなさんの体験談を取り上げていきますので参考下さい。

 

【体験談①】複数のハウスメーカーに土地探しを依頼(岡山県・匿名)

私たち夫婦は家作り初期の優先順位として、一番にデザイン、その次にエリアをあげていました。

岡山県は車社会なので、車さえあれば多少不便な場所でも生活はできるという考えのもと、理想としていたデザイン(フラット屋根のモダンな造り)を実現してくれそうな工務店をまわることからスタートしました。

住宅展示場巡りをたくさんしよう!他県にも足を運び納得のマイホームを!

 

ハウスメーカーよりも先に工務店を訪れた理由は、工務店は融通が利き、おしゃれで最先端の提案をしてくれそうなイメージをなんとなく持っていたからです。

ただそれと同時に、アフターメンテナンスは大丈夫なのか、小規模な会社が数十年先まで存在しているのか、ビジネスライクな対応ではなく砕けた雰囲気の人が多い等々の不安を工務店に対して感じており、複数社まわってもその不安が払拭できずにいました。

ハウスメーカーと工務店、どちらの設計力が上かわかりませんよ!

 

ちょうどその頃、住宅展示場で都市部に人気のA社を見つけました。この会社はフラット屋根のデザインを売りにしていて、且つ非常に機能性が高い家を作るメーカーです。

A社と通して、メーカーだからこそできるアフターメンテナンスや安心感を感じ取り、次第に工務店からハウスメーカーにシフトしていった結果、最終的にはハウスメーカー2社に絞りました。

【工務店アフターサービス・保証】契約前に確認不足だったと痛感…

2社の特徴は、機能性が高いA社、誰もが知る大手B社という感じです。そして私たち夫婦は土地を持っていなかったので土地探しも同時にする必要がありました。

土地探しの条件は旦那さんが1時間以内で通勤できることの一点のみでしたが、この時初めてハウスメーカーによって土地探しに得意不得意があることを知りました。

 

A社は機能性の高い家を作りますが、岡山県においては土地探しの力が非常に弱く、提案される土地はどれも古い住宅街にポツンと一軒空いたところか、田んぼの真ん中ばかり。それもすでに不動産会社に流れている土地ばかりでした。

その点、B社C社はこの会社単独で持っている情報が多くあり、特にB社は大きな分譲地を用意できるほど土地の仕入れ力が強く、私たちは結局こちらにお願いすることにしました。

その理由は、A社に紹介される土地では生活をするイメージが持てなかったからです。

B社にお願いし、すでに入居しておりますが、新規分譲地ですのでご近所の方たちと入居時期が近く、おそらくどのご家庭も周りを探りながら、控えめに生活しているのでとても住み心地が良いです。

これが古くからある住宅街にいきなり入るとなると、こんなにのびのびと生活することは難しいと思います。

新興住宅地のメリットはトラブルのない近所付き合い!

 

中には親から土地を譲ってもらえる方もいると思います。その場合は少なからずご自身にも馴染みのある環境ということになりますので、問題なくすんなりと馴染んでいけるのだろうと思います。

ですが、土地なしの方、住む環境はとても大切です。安易に建売に決めたりせず、住み心地の良い町、ご近所の雰囲気などできる限り調べた上での決定をされることをオススメします。

【建売の近所付き合い】買う前に確認をしておくべきだった…

 

【体験談②】土地探しはハウスメーカーではなく不動産会社にお願いするべきです(京都府30代男性)

マイホームの購入を検討するにあたり、重要なのが土地選びです。どの土地に家を建てるのかはその後の生活に大きく影響していきます。

土地選びにあたり重要視する点は個人ごとに異なりますので、誰かにとっては60点の土地も別の人にとっては100点近いかも知れません。

マイホーム購入となると、どうしても建つ家に関心がいきがちですが、実は土地の方が重要なことが多いのです。

みんなの土地選びのポイントやコツ!体験談から学ぶ!

 

実際、私と妻がマイホームの購入を考えた時も、まず住宅展示場に行っていろいろなハウスメーカーの家を見ました。もちろん、そこで気に入ったハウスメーカーの営業の方にお話を聞かせていただきました。

そこで、いろいろな土地を紹介していただいたのですが、それはあくまでそのハウスメーカーが管理している土地だけになります。

 

ハウスメーカーを先に決めてしまうと、土地はかなり制限されることになります。土地には建築条件が付いているものがあります。

建築条件付き土地の場合、その土地で建てることができるハウスメーカーは決められてしまっています。ですので、他のハウスメーカーはその土地に家を建てることはできません。

建築条件付き土地とは?条件を外せないか?確認すべきこととは?

そうなると、当然ハウスメーカーで土地の話を聞いてもあくまでそのハウスメーカーが建築できる土地の情報しか出てこないわけです。

実際、私たちが話をきかせていただいたハウスメーカーの紹介する土地は、後々不動産屋さんの情報をみるとほんの一部でしかないことに気づきました。

このことに気づかないでいると、本当はもっと駅に近い土地や、利便性の高い土地があったのに、不便な土地に家を建てることになる可能性もあります。

 

もちろん、ハウスメーカーに強いこだわりがある場合は仕方ないですが、ブランドだけにとらわれずにきちんとハウスメーカーの特徴を調べれば、特殊な工法や材料を使っていない限りは、絶対にそのハウスメーカーでなければならないというようなことは少ないと思います。

大手のハウスメーカーといっても、実際に家を建てるのは提携している地元の大工さん達ですので、建築技術は大きく変わらないでしょう。

このことから、マイホームにおいて重要視すべきなのは土地選びなのです。

住友林業の一発の提案に魅了されて半年のハウスメーカーにお断り

 

そして、土地をしっかり選ぶのであれば、一部の土地しか情報を出してこないハウスメーカーではなく、不動産会社から情報を仕入れるべきなのです。

私たちも、自分たちで土地を探している時に、自分たちの条件を満たした土地を見つけ、そこからマイホーム購入にこぎつけました。

この土地は、当初住宅展示場に話を聞きに行ったときにも売りに出されていた土地でしたが、ハウスメーカーの方からは紹介の無かった土地でした。

今、その土地で快適な生活を送ることが出来ています。

 

【体験談③】土地探しは工事業者(ハウスメーカー)にお願いすればよかった(東京都30代男性)

2017年に注文住宅を建築

 

東京で土地からの購入を考えていたので不動産屋をまわり、気に入る土地がないか自分たちでも広告やネットで探しながら検討していました。

1年程度探していたところ、希望のエリアで分譲地ができると知り不動産屋に申し込みを済ませてから建物の業者選びを始めました。

ここで初めて知ったのが、「土地の申し込み有効期限は待てても1週間~2週間程度」ということです。つまりその1~2週間程度でその土地を契約するかどうか判断しなければなりません。

具体的には、建物の工事業者(ハウスメーカーや工務店)と間取り打ち合わせや資金計画・融資申し込みを済ませなければならないということです。

共働きの我が家では仕事が終わって夜21時頃から検討しているハウスメーカーの営業の方に毎晩来ていただき、打ち合わせをする日々でした。

しかも建物の請負契約書がないと土地の融資は結べないため、どの業者にしようか比較検討も同時に行わなければならず。

私たちは2社のハウスメーカーを検討していましたが、もっと多くの工事業者を検討したい方は本当に大変だと思います。

(正確には建物契約書が無くても土地融資自体はできるようですが、土地と建物の2本で住宅ローンを組むことになってしまうので諸費用がもったいない。また土地のローン返済は早めにスタートしてしまうことから、それまで賃貸入居の場合は家賃+ローンのダブル返済になるためお勧めしないそうです。)

 

ハウスメーカーの担当者から伺ったのですが、土地から購入する私たちのような顧客は先に不動産屋へ行ってしまうケースがほとんどだそうです。

しかし、住宅メーカーや工務店は地元の不動産屋から公開前の土地情報を手に入れていることが多く、自分たちで探すより先に業者選びをしておけば、建物業者が代理で探してくれてはるかに楽だったとわかりました。

※一概にそうは言い切れません (当サイト運営会社より)

それに購入する土地によっては、建物を建てる際は地盤改良に100万・高低差があると土留めに200万追加でかかるといった「不動産屋だけではわからない追加金額」も発生することがあるらしく、建物の工事業者が事前にその土地を見てくれていれば追加金額まである程度調べてくれるので安心感があるそうです。

実際、私たちが購入した土地も地盤改良費用で150万追加になりました(不動産屋からは説明を受けていません)。

 

結論として、家を建てるには早めに建物の工事業者に相談しておくのが1番です。

例えば総予算5,000万だとすると、土地に2,000万+建物に3,000万と考えていても、先程のような地盤改良費用などが発生すると建物にかけられる金額はどんどん下がってしまい希望の間取りや設備を諦めなければならなくなります。

また、建物購入後も不動産取得税や固定資産税の支払いがあるため、ゆとりをもった資金計画でないとせっかくのマーホーム購入が残念な結果になってしまうこともあります。

事前に建物業者に相談しておけば、建物にかかる費用を資金計画書で出してもらえるだけでなく、太陽光や給湯器の補助金や売電シュミレーションから月々いくらローン返済にあてられるか。年間の固定資産税はいくらか・10年後の住宅メンテナンスでいくらかかるか等、細かく提案してくれます。

マイホーム購入は土地と建物だけでなく色々な諸費用がかかるので、まずは家づくりのプロ(建物の工事業者)に相談してトータルで納得してから土地を申し込んだりと動き出すのが失敗しない家づくりだと思います。

【関連】土地探しは見つからない。ポイントをおさえた探し方をしよう

ストレスのない物件探し!

東京23区でマイホーム購入を考えているあなたへ。

原則、仲介手数料『無料』で物件情報を自動配信しております。

①最新情報

②価格変更

電話番号・住所登録も不要!

詳しくはこちら





マイホームに向かってserchと書かれた虫メガネを向ける