外壁ひび割れ雨漏りの原因は「端の家」だったから

住宅街の角地の更地

新築の注文住宅を購入後に自分の家だけ外壁がひび割れ、雨漏りが発生してしまったという体験談です。

角地購入の参考にもなります。

スポンサーリンク

【体験談】外壁がひび割れ雨漏りが。原因は端っこの家だから

京都府50代女性

私が新築一軒家を建てて学んだ事をお話します。

土地の状態から選び一軒家を建てる買い方でした。南北に横一列に8軒並ぶ敷地から選ぶところから始まりました。

私は普通の感覚で1番北側の端の敷地を選びました。南側敷地は道路に添いますので北側を選びました。北側は細い用水路に添いますので、静かで良いと思い選びました。

確かに中の家よりは静かで窓も多い分部屋の中まで明るいので快適に数年は過ごしました。

 

ある日、豪雨が降った時に1階北側にある和室の北側壁より雨水が滲み出てきました。まさか、壁から雨漏り、、と、衝撃でした。

すぐに工務店さんに見に来てもらいました。原因は北側の外壁に年月による劣化でヒビが入ってました。

日頃、共働きで忙しくしており、留守が多いもので、全く気づく事も無い間にヒビが酷くなってました。

早めに外壁のヒビを修繕していたなら、室内にまで雨水も回らなかったと思います。

並びのご近所さんに、相談したところ、どちらの家も外壁にヒビが入ってません。南側のお宅が、少し外壁南側にヒビが入ってるぐらいで、我が家ほど酷くなかったです。

【見落とし注意】外壁が剥がれていた原因は私の掃除不足…

 

我が家のような端家は雨も風も直接当たるので、この数年で外壁も痛み、今回の雨漏りに至ったのです。中の家は隣の建物に遮られるために、外壁は全く痛みもなく、まだまだ綺麗です。

こんなにも、端家と中家では違うことに驚きました。普通に考えて端家の方が良いことばかりだとおもってましたが、外壁が痛んだ事による修繕費用は予想外で辛かったです。

 

まずは外壁の補強です。もともとモルタルの外壁でしたので、更に吹き付けて、強度にしてもらいました。

今後また同じことが繰り返さないように、建物の北側にフェンスを建ててもらいました。

フェンスも、いろいろ種類はあるのですご、せっかくの端家の窓からの明るさを無くさないように、透明のアクリル板素材で作ってもらいました。

2階にまで、すっぽりと聳え立つフェンスも、透明であることで、雰囲気も暗く重くならないです。改善前と同じように採光も入り、納得のいく仕上がりでした。

 

今回の事で住んでみないとわからない失敗に気付き、学ぶ事が出来ました。

一軒家の端家(角地も)は魅力的です。しっかりと雨風を防ぐ設計にされたなら外壁から傷める事もなく永く良い状態で住むことができると思います。

近頃は雨の降りかたも酷い今日で、今一度、対策をされる事をお勧めします。

樋の材質や形は何がよいのか!?ゲリラ豪雨に備えよう!

これから一軒家を建築される方に少しでも参考にしていただければ嬉しいです。






住宅街の角地の更地