どんな土地がいいのか?希望のマイホームを建てるには独自判断は危険?

道路も整備された更地の分譲地

理想のマイホームを建てるには、どんな土地がいいのか?

「住環境」「間取り」「前面道路」などばかりに注目するのではなく、少し掘り下げて考える必要がありそうです。

 

【体験談】どんな土地がいいのかは専門家の意見・アドバイスをよく聞くことが大切

東京都40代女性

 

家を購入する際、マンションや建売戸建を見てまわりました。

マンションだと、もう少し部屋がほしいなぁ、建売戸建は、内装がいまいちだなぁ、これはいいが、これはちょっと・・・など結局納得がいかないことが多かったため、それじゃ、土地から探して注文住宅にしようかと決めました。

 

注文住宅にあたり、車を一階に止められるようにできる土地を中心に探しました。

前面道路が4m幅で、あまり車が頻繁に通らない道の土地を購入することにしました。

すると、ここで失敗に気づきました。

 

建築基準法の日影規制・高さ制限

その前面道路とまわりの建っている家にあまり注目していなかったのです。

家を建てるときの法律(建築基準法)を全然考えておらず、日照時間や前面道路との関係性を考えていなかったことが大失敗でした。

まわりの家をよく、見てみると家の屋根が少しナナメになっているのは、日照時間の問題でナナメにしないといけないなど知りませんでした。

 

また、高さ制限がありました。必然と、そのあたりを考えねばならなかったのを知りませんでした。

法律(建築基準法)について、家に建てる前に自分の条件を含めてしっかり確認しておかなければいけませんでした。

 

 

スタート段階で「どんな土地がいいのか」しっかり把握すべきだったと反省

まわりの家の駐車場のスペースや、まわりの家はどういう風に建てているか、また屋根はどうなっているか、非常口が必要であるか、防火窓は必要なのか、家を建てるということはいろんな条件をクリアしないと自分の好きなように建てられないのです。

都内であれば、密集している家が多いため、法律もその区ならではの法律もあるようでした。

住みたい地域や、どれぐらいのスペースの土地なら希望条件の家を建てやすいかばかりに注目してしまっていたことは反省です。

家を建てるにあったての注意事項などを把握した上で、土地を探したほうがいいということを後から知りました。

やはり土地探しの時点で、知り合いの建築家や建てようとしている工務店・ハウスメーカーに相談して探したほうがよかったと後悔いたしました。

 

【関連】