【千葉県30代男性より】注文住宅を建て終えて考える土地探しの決め手についてのアドバイス

マップにペンをあててチェックしている

土地探しの決め手について。どこに価値を見いだすかが重要

千葉県30代男性

2017年9月に注文住宅を建築

 

注文住宅を建てる際、苦労する点はいくつもあるのですが、特に困ったのは土地探しでした。

土地探しには、いくつかポイントがあります。

  • どこに買うのが良いのか?
  • どの土地を買うのが良いのか?
  • どのように土地探しをするのか?

などなど。

 

土地探しの決め手

ここでは、特にどの土地を買うのが良いのかの話をしますね。

土地を買うにあたっては、一番重要なのは資産価値が落ちにくい場所を選ぶことです。

これを勧める理由は、土地を相続する場合にも、子供たちに多くの額を残すことができる。

その後も住んでもらうことができる。

仕事による転勤や実家へ戻るといったライフイベントの変化があっても、資産価値が高い土地は流動性が高いため、売りやすいことです。

 

駅までの距離/学校や病院の公共施設からの距離

仕事場と家とが近いということが好まれる現在では、駅から家までの距離も資産価値を高める要素の一つです。

また評判の良い学校や病院やスーパーマーケットからも近い場所にあるとのも利便性の面からも資産価値を高める要素の一つです。

 

日当たりの良さ

日当たりのよい土地を探す方は非常に多いです。

注文住宅を建てる際は建物の向きに関しても自由に設計できますが、当然ですが日当たりの良さが土地のほうが設計の自由度が増します。

 

第一種低層住宅専用地域か、否か。

住もうとしている場所が第一種低層住宅専用地域であれば、購入したいと思う人も多く資産価値を高める要素の一つです。

第一種低層住宅専用地域では高い建物を建てることはできず、静かな住環境のもと生活ができます。

逆に3階建以上をを検討している方にとって魅力は下がります。

 

価値ある土地を慎重に大胆に探して下さい

ここでは、土地の探し方について説明しましたが、自分自身がどこに価値をもって土地を探すことが非常に重要かと思います。

なかなか土地がでてこないこともあり、我慢を強いられることもありますが、必ず希望の土地に近いものが出てくるものです。

一度購入してしまうと変更しにくいものですので、慎重にかつ大胆に土地を探されるとよいですね。

 

【関連】





マップにペンをあててチェックしている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。