理想の土地が見つからないという方へ。私が行った4つの方法(成功談より)

青い家と黒い虫メガネ

【体験談】理想の土地に出会うまでにやった4つのこと

山口県 30代 女性

2018年末に土地を購入

 

山口県在住、結婚2年目、子供なしの夫婦です。

2018年1月から土地探しを始めて、2018年12月に約1年がかりで、ようやく理想の土地を購入できました。

購入に至るまでの経緯がどなたかのお役に立てれば幸いです。

 

まずはどんな土地を見つけたいか希望を書き出すことから始めました。

私たち夫婦の場合は下記のような希望を書き出しました。

  • 希望のエリアと価格
  • 平屋を希望しているため広めの土地
  • 四方の状況(隣家の目が気になる土地等は避け、角地を希望しました)
  • 静かな環境(交通量の多い場所は避け、比較的静かな場所)

 

①チラシの土地情報を見まくる

とにかく全ての土地情報のチラシをチェックしました。

希望のエリア以外にも気にいる土地があるかもしれないので、エリアは広く定めてチェックします。

 

②スマホで登録できる不動産情報を全て登録する(athome、SUUMO、Goo等)

新着情報が出るとメールでお知らせしてくれるので、かなり重宝しました。

チラシの土地情報とかぶることも多いのですが、逆にネット上にしか出回らない物件もたくさんありました。

・未公開物件はネットにない!京都で築3年の希少マンションを買えた理由【成功談】

 

③家を建てる予定の工務店やメーカーに探してもらう

不動産屋に出向くと、新規分譲地は個人客ではなく、メーカーや工務店に計画段階で売ると言っていました。

実際、土地情報のチラシには、建築条件付きで土地を売っているのをよく見かけました。

もし大手メーカーで家を建てる予定の方は、土地を購入しやすいと思います。

・複数のハウスメーカーに土地探しをお願いしてわかったこと

 

④地元の不動産屋に出向く

5社ほどの地元の不動産屋に出向いて、いい土地がないか、今後出る予定がないか聞いてまわりました。

どの会社にも希望の土地はなかったので、もし希望の土地が出た場合には、連絡をもらうようお願いして帰りましたが、この一年の間に、連絡がくることはありませんでした。

しかし不動産情報には載ったりしていましたので、連絡先を書いてまわった意味は全くないなというのが正直な感想になってしまいました。

・不動産会社探しは重要。地域で有名な老舗の仲介営業マンにがっかりした体験

 

 

理想の土地を見つけたら先手必勝!!結局、希望の土地を見つけたのはネットの新着情報

希望の土地を見つけるために、上記の4つを行いましたが、最終的にはネットの新着情報から、土地の購入に至りました。

私たちは希望の土地の新着情報をメールで受信し確認した翌日には、家を建てる工務店の社長に連絡し、現地確認をしてもらいました。

素人の自分達だけでは購入の最終判断をするのは難しかったからです。

そしてその日、不動産屋へ電話して、予約という形で押さえてもらうことができました。

その後最終的に契約に進むのですが、契約の日、不動産会社の担当者から、買いたいという電話や問い合わせが6件程あったと言われました。

本当にすぐに行動して良かったと心から思った瞬間です。

 

希望の土地を探すのは時間がかかるかもしれませんが、ある日ふって湧いたように出てきます。

その時すぐに行動できるかどうかが一番重要です。

諦めずに地道に情報収集を続けていくしかないと思いますので、理想の土地に巡り合うまで諦めずに頑張ってください。

・物件購入は慎重にだが、気になる物件はすぐ行動しないと買い逃すかもしれません






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。