コロナ禍でも実需不動産は相変わらず動いている。そんな中、事務所探しもアフターコロナを見越して再始動が始まった兆候も

コロナムードが徐々に落ち着いてきた感がある今日この頃。

不動産屋として、実需の不動産売買はあいかわらず動いているのは感じている。

そんな中、事務所需要も復活の兆しが垣間見える感じとなってきた。

(もしかすると、私だけかもしれないがw)

他業界の方々も再始動を見据えている中、一人不動産屋の私もギアを変えて営業していこうと考えている。

事務所関係も再スタートか?

売買仲介をメインに敷いてはいるものの、路面で不動産屋をしていると、飛び込みにて賃貸を探している人も訪れて頂ける。

これはありがたいことである。

賃貸も、エリアが近場であればお手伝いするよう努めているし、今後もそうしていこうと思う。

そんな中、このところ、事務所関係を探している人の来店が続いた。

共に、私のように一人プレーヤーとして法人化している方と、web系のフリーランスの個人事業主。

前者も不動産屋ではなく、他業種。

それぞれの事務所探しの理由は簡単に要約すると、

「アフターコロナへ向けての再始動」

となる。

世の中のマインドとして、コロナ終焉の期待の高まりの現れかしれないとお思うと、私としてもうれしく思う。

(たまたま、偶然当社に立て続けに飛び込みがあったのかもしれませんが…w)

 

まだまだ、東京には人が戻ってきていない状況。

事業を営む人たちは、それでも食べていかないといけない。

再始動時期も重要となろう。

実需の不動産売買は変わらず動いている

コロナの緊急事態宣言解除あたりから、相変わらず動きがある。

周辺の物件状況の成約も続いており、業界他社からそれら同様の話をキャッチしている。

エンドユーザーにとって「コロナ禍=家を買わない」という思考回路とはならないということになる。

今後、不動産屋を運営していくにあたり、この事実は一つの実例として頭の片隅においておきたい。

 

不況であることには変わりはなく、見掛け倒しとは言われるもの株価も堅調価格を維持。

住宅ローン金利も相変わらずの低金利を維持。

イコール、不動産価格も堅調を維持。

これらが、エンドユーザーの「購入意欲薄れず」の根底となっているよう思う。

 

現在、コロナ融資含め、変に金余り現象がつづいている経済。

今後もしばらく不動産価格はステイの方向となりそうだ。

「コロナ融資を受ける→不動産を買う」という流れも存在【インフレ促進?】

 

アフターコロナへ向けて

そんな事務所を探す人たちと直接話をできることも、不動産屋としての特権。

現状の生の温度感を感じることができるし、同じ事業を営む者としていい意味で刺激を頂ける。

これらも自分の活力源とし、アフターコロナも見据えモチベーションを高めて、一人不動産屋をやっていこう。

他業界の意見や見解もとてもためになる情報源であると実感。

これかれも不動産屋として、多種多様な人たちと対話をしていこうと思う今日この頃である。