古いマンション(築40年)を購入した理由とアドバイス

都心のマンションが立ち並ぶ夜景



古いマンション・築40年の物件を購入された理由とアドバイスを購入者の視点から頂きました。

【体験談】古いマンション・築40年を購入。リフォームした個所など。

築40年の中古マンションを社会人生活10年を節目に購入しました。

40年前と聞くと、よほど古いのだろうと思われるかもしれませんが、昭和50年代の景気が良い時代に建てた鉄筋コンクリートの造りはかなり頑丈です。

下手に構造偽装事件が横行していた時代のマンションを購入するより安心かと思います。

【関連】バブル期のマンションは音が響きやすい。ポストにクレームの手紙も

 

ただし、部屋の中を実際に内覧すると、何十年と長く住んでおられた部屋の生活の臭いというか、雰囲気はすごいものがあります。ドアを開けた瞬間そこにまだ住まれているかのような感じがします。

前住人の生活感も、リフォームしたら消えるんでしょうけど、どうしても抵抗がある場合は、企業が物件として所有しているだけの部屋というのが少なからずあります。

分譲マンションで売りに出ていないのに、ずっと誰も住んでいないという部屋がまれにあります。大抵は企業が投資用に持っているケースが多いです。私はそういう企業が所有しているマンションを狙って購入しました。

内覧してドアを開けても、部屋の造りは40年前の当時のままですが生活感はほとんどしなかったです。

当然、床がじゅうたんだったり、所々時代の古さを感じるところはあるのでリフォームをすることを前提に購入しました。壁のクロスやフローリングは交換すれば新品状態になります。

 

交換して良かったと思うのは電気のメインブレーカーでした。

少しでもリフォーム費用を抑えようとして、ブレーカーもそのままでいこうかと思いますが、40年も経過すると樹脂の色が変わってしまっていて、クロスの張替えや塗装しなおしている部分と比較すると、かなり差が目立ってしまいます。

意外とブレーカーはデザインに年代を感じさせます。実家はキッチンをリフォームしましたが電気のブレーカーをそのままにしたのでやっぱり古さが目立っています。

 

もう1つ交換しておいた方が良かったと思ったのがコンセントです。コンセントカバーは変更されていたですが、コンセント挿入部分はそのままでした。じっくりと見ると色が変わっていて、古いなという感じがします。

見た目だけなら良いのですが、掃除機をかけていて急にコンセントが抜けたりすることが続くと「やっぱりコンセントの差込口の部分も変えておいた方が良かったなと後悔しました。

 

築40年越えの中古マンションはリフォームが運命を握る

30年、40年超えの古いマンションを購入されるときはリフォームで運命が左右されます。

物件の本体金額だけをチラシで見ると一括で購入できそうですが、購入金額の安さだけに目を奪われずに、リフォームにかかる金額まで事前に考えておくことをお勧めします。

【関連】みんなのリノベーションマンション購入体験談まとめ





都心のマンションが立ち並ぶ夜景
ストレスのない物件探し!

東京23区でマイホーム購入を考えているあなたへ。

原則、仲介手数料『無料』or『半額』

物件情報を自動配信しております。

①最新情報

②価格変更

電話番号・住所登録も不要!

詳しくはこちら