高セキュリティマンションの購入は子供にも老後にも「安心」をくれた

賃貸のアパート暮らしをしていましたが、子どもの安全と安心をお金で買おうと考え、マンションを購入することにしました。

賃貸アパートは2階建てで角部屋、近所の方との付き合いも深くもなく、隣や下からの騒音などもなくてとても住みやすい所でした。

しかし、アパートでは外部から簡単に玄関先まで来られる事が小学生の子どもを持つ身としては心配の種でした。

マンションを購入する際に注意したのはセキュリティです。

スポンサーリンク

高セキュリティマンションの安心感

オートロックのマンションはよくありますが、購入したマンションはメイン玄関とエレベーターホールの2ヶ所にオートロックがついていました。

主に昼間だけですが、管理人の他コンシェルジュが2名常駐しており昼間の体制は万全です。

エントランスホールで外部の人が夜中に入った場合などは管理会社に通報できるシステムがあるので安心です。

 

仕事を日中しているために、子どもは帰宅時に一人でカギを開けて室内に入るのですが、まだ自立していない年齢のため、たまにカギを持っていくのを忘れてしまうことがありました。

アパート住まいの時にカギを忘れて、ひとり玄関前で風に吹かれて親の帰りを待っていたことがありました。

購入した高セキュリティマンションにはエントランスホールが、冷暖房設備完備の上に自動販売機もあり、さらにトイレも完備しています。

もしもの場合はそこで待っていられるので安心であろうと考え、購入に至りました。

マンションのセキュリティ以外で考えたこと

また、セキュリティだけでなく、火災や地震があった場合の安心感も欲しかったので、購入の際に詳しく調べました。

警備会社と契約しており、火災発生などの場合はすぐに駆けつけてくれます。

また、マンション内の火災発生時には全室にアナウンスが流れることになっているので、すぐに逃げられます。

階段も2ヶ所あって、屋上にも行ける仕組みになっています。

 

マンションの立地も大切なポイントでした。

駅の近くにあり、繁華街というほどではありませんが人通りがほどほどある場所で、犯罪が少ない地域です。

また、同じ市内でも有数の地盤の固い場所で、その分地価が高くなっていますが、地盤が固いのは安心材料の一つです。

隣には大きな公園もあり、もしもの場合の一時避難先にもなりうると考えました。

また、駅からマンションの全貌が見えるという事もあり、ベランダからの泥棒侵入がないのではないかと予測しています。

スポンサーリンク

高セキュリティマンションには同じ意識の住人が集う

住んでみて感じた事は同じように安全面を気にして高セキュリティマンションを購入した方が多かったことです。

住民の安全面や防犯面での意識が高いため、より住みやすいマンションンになっています

管理組合を中心に色々な対策を考え、実行しているので、子どもが育った後でも安心感が残ります。

今は本当に買ってよかったと感じる毎日です。

埼玉県Y様





スポンサーリンク