新築マンションの住宅ローンを転職で通し各種補助でも110万円得した!

スポンサーリンク

住宅ローンは苦戦したけれど住宅購入の補助は手厚い!

私は現在大阪に在住しており、妻と子供3人の5人家族で、去年の10月に新築マンションを購入しました。

そんな私の住宅購入の体験談と現在住宅購入のチャンスであるポイントをお話します。

 

私はもともと2LDKの賃貸住宅に住んでおりましたが、3人目の子供が産まれたことで部屋が狭く感じました。

そのため、もっと大きい部屋に引っ越ししようと思いました。

ただ、賃貸で3LDK以上の部屋はほとんどなく、あったとしても家賃が次々12万円くらいであったため悩みました。

これまでの家賃は7万円だったので、12万円はあまりにも高い気がしました。

そのため、思いきって住宅を購入することを決意しました。

ただ、購入するにあたって悩むポイントはたくさんありました。

 

戸建かマンションか

1つ目が一軒家かマンションどちらにするかです。

将来自分のマイホームを持ちたかった私は一軒家が欲しいと思っており、妻もそのように思っていました。

ただ、子供が当時3歳2歳0歳であったため、一軒家だと階段の登り降りが大変で危ないなと思いました。

また、防犯のことを考えてオートロックがあった方がいいなと思っておりました。

ただ、一軒家が欲しい気持ちは強かったので、一度マンションを購入して10年後くらいの将来に一軒家に買い替えすることに決めました。

一般的に一軒家は最終的には土地だけの価値になりやすいと言われておりますが、マンションはそうではありません。

なので、買い替えを考えるならマンションのほうがいいなと思い、マンションに決めました。

子供が小さい間は住む環境を考えてマンション、子供が大きくなってきて部屋が必要になってきてから一軒家を購入することにしました。

 

新築か中古か

2つ目は新築か中古どちらにするかです。

現在、空き家が多くなってきているためか、場所によっては中古の物件は非常に安く購入できると思います。

ただ、中古物件の場合は不動産会社への仲介手数料がかかります。

物件の値段によりますがそこそこの金額になると思います。

子供が小さい間はあまりお金をかけたくなかったし、新しい家に住みたいと思っていたので新築マンションに決めました。

新築マンションはもちろん中古に比べると高いですが、自社販売している不動産会社で購入すると仲介手数料がかからないメリットがあります。

私の場合は100万円以上浮きました。

 

年収400万円以上ないから借入額が届かない

このことを踏まえて、建設途中の新築マンションのモデルルームをまわり、気に入ったところで住宅ローンの審査を出しました。

ただ、住宅ローンの審査は、年収に応じて借りれる金額の違いがあることは知っておりましたが、

年収400万円あるのとないのでは借りれる金額に大きな違いがあるそうで、年収350万円の私では通りそうではありません。

住宅ローンはだいたいの基準がこの基準なため、約2700万円以下でないとローンが組めないと言われました。

ただその物件がどうしても欲しかったので、不動産会社に相談しました。

年収を400万円以上にするしかないと言われました。

まだ建設をはじめたばかりだったので、家族のためにもどうにかしようと思い、年収が500万円以上ある企業に転職しました。

その間保留にしていた住宅ローンをもう一度通して新築マンションを購入することができました。

 

買ってよかったと思った各種制度

マンション購入をしてみて、現在住宅を購入するにあたって最高のタイミングだと思います。

まず、金利がすごく低いです。

これまでで最も低い水準で、固定金利で年利約1%、変動金利で年利約0.7%と住宅ローンを組むには最高のタイミングだと思います。

また、住宅購入への手当てが充実しております。

私の場合にはなりますが、新築マンション購入で約100万円以上手当てを頂くことができました。

 

  • はじめに住宅エコポイントです。これは物件によりますが、私のマンションは30万ポイント頂くことができ、30万円分の商品券に変えました。

 

  • また、住まい給付金というものがあり、年収や物件によると思いますが30万円頂けました。

 

  • そして、住宅補助ももらえることになりました。結婚5年以内等の条件はありますが、年間10万円を5年間頂けます。

 

そのため、それだけで110万円は手当てを頂いております。

その他にも住宅ローンの税金控除などもあります。

やはり現在低金利とはいえ、世帯数の減少や晩婚化、所得の低下により住宅を購入する人が減ってきております。

そのために、様々な手当てを充実させたり、低金利にしたりと購入する環境は非常によくなっております。

私は最高のタイミングで最高の物件を購入し、現在家族と暮らしております。

大阪府U様



スポンサーリンク