マンションリフォームの後悔2点。【必ず知っていて欲しい!】

【中古マンションを購入した兵庫県のY様より】

中古マンションをリフォームして購入しましたが後悔している点もあります

中古マンションにした理由は、リフォームにお金をかけて、一軒家では高くなってしまう費用をなるべく抑えたかったことです。

結果的に南向きに大きな窓がある16畳のLDKのある物件を安く購入できましたので物件には非常に満足しました。

 

マンションの一番の利点は駅近かどうか。電車通勤している人にとって帰り道にコンビニやスーパーがあるかどうか。

だと考えていますが、その2つは満たしており、駅から徒歩7分、スーパーは駅前にあり、環境は子育てに適している点でとても便利です。

元々賃貸でその近辺に住んでいた経験もあったので、物件を探す際は一旦その町に賃貸で住むということも1つの方法だと思います。

スポンサーリンク

中古マンションリフォームの後悔①「業者とのいきちがい」

マンションの内装は8割程度はやりたいことが出来ましたが、リフォーム会社(物件購入会社と同じ)とのやりとりで都合の良い言い回しなどをされ納得のいかない部分も2割程ありました

中古マンションのためローンが安く済んだので、扉部分を全て取り替えたいと伝えましたが、それはマンションの規約で建具の変更になるため、無理だと言われました。

が、数年後、別のリフォーム会社に聞いたところそれは問題なかったとのことでした。

扉を全て変更するとなると住む前の方が良いですし、お金もかかるので初期の住宅ローンで組んでしまいたかったので残念です。

中古マンションリフォーム後悔②「住宅ローンに組み込めなかった」

和室を小上がりの琉球畳にしたかったのですが、元々リフォーム会社に言っていたにもかかわらず、住宅ローン審査がおりた後に、予算に組み込めませんと言われました。

ローン可能枠はかなり余力があったはずですので、100パーセントやりたいことを見積もりしてもらい、住宅ローン審査にかけたほうがいいと思います。

不動産会社が、契約を急いでしまったがために招いた結果だと思われますので…。

スポンサーリンク

マンションリフォームでは担当者も大切

リフォームする際は、たくさん経験の積んだ、感性を合わせてくれる担当者が良いと思われます。

私達は20歳後半でしたので若い担当がつきましたが、価値観が合う点では納得できることが多かったです。

ですが、両親も同じように大規模リフォームする際についた担当は、両親と同じような年代の方が付いていましたが、頭が固いように感じ、私の方からキッチン照明はダウンライトがスッキリしますよ、等お伝えしたら、両親も納得する…というような場面も沢山ありました。

補足ですが:周辺開発でマンションの価値が上がりました!

購入した中古マンションに住んだ後に、地域の開発が進み、徒歩圏内にスーパーや病院が増え、保育園が増え、地価が上がりました。

数年住んでいますがおそらくマンションの価値は下がるどころか上がっているようです。

一軒家とマンションの違いはここにもあると考えます。

管理費や駐車場代は仕方ないですが、組んでる住宅ローンが戸建に比べると低い分、こういった時に、繰り上げ返済を使うことで買い換えすることも可能だと思います。



2つのブログランキングに参加中です


計画中ランキング
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村



スポンサーリンク