マンション購入前に地盤を調べよう。元沼地だった物件購入で後悔

借家に住んでいたのですが、勤務先により近いところで新築マンションが売り出されました。駅まで徒歩10分の場所で、間取りも納得ができるものでした。

第2期の募集でしたので入居できる建物と部屋には制約がありました。第1希望ではなかったのですが希望した間取りの部屋に入居できました。

 

約1年後、子供と公園で遊んでいたら、古くからこの土地に住んでおられる高齢者の方とお話をする機会がありました。駅にも近くて買い物も便利な土地だと思っていたのですが、以前は沼地であったということを始めて知りました。

 

基礎工事をしっかりしているはずだと思いながらも大地震が起きた時のことを考えると不安になってしまいました。地上のことだけでなく地盤についても確認しないといけなかったと後悔しています。

地盤沈下の対策として住宅購入前にチェックすべき7つのポイント

2017.02.25

 

スポンサーリンク

地盤を調べず買ったマンション。旧沼地だった。。

それまで住んでいた借家から会社までは乗り換えが2回あり通勤時間は1時間半でした。残業や飲み会などで遅くなることもあり、会社に近いところに引っ越したいと思っていました。

会社の同僚からの情報などから候補地を絞って家を探していた時に第2期の分譲が始まりましたので、直ぐにモデルルームの見学に行きました。

 

建物は5階建が全部で5棟ありますが第1期入居者が生活をされていたので周辺も含めて環境もよくわかりました。建物にはエレベーターの有無の違いがありましたが、2階だったので安価なエレベーターなしの建物を選びました。

通勤時間も40分程短くなりましたし、買い物も日用品は近くの商店街やスーパーで間に合いますし駅前に行けばデパートもあります。生活に不自由さを感じないまま約1年が経過しました。

 

日曜日に子供と公園に行って遊んでいたら、商店街で時々顔を会わせる高齢者の方と出会い世間話をしました。その中で、自宅のある建物のある場所が昔は沼地であることを知りました。

 

5棟中自分のマンションだけ元沼地

5棟の中で自分の建物だけが沼地だったそうです。最近は地震による土壌の流動化が取り上げられるから、どうしてそんなところに建物を建てたのかと疑問を述べられていました。

え!?昔は沼だったの!? 土地を買って5年後に知った・・・

2016.12.27

 

そう言われてみると、配置を変えればすべての建物を沼地を避けて建築することもできる気もしました。基礎工事はしっかりしているはずですから、自分の建物だけが被害を受けることはないだろうと思い込むことにしていますが、なんとなく他の建物とは違っているような気がするようになってしまいました。

 

物件購入の際は地盤についても調べて検討しましょう

分譲資料には、以前の土地の状況などは書いてありませんし、すでに入居者もいて商店街なども営業していました。このため、なんの疑問も持たないで生活環境と間取りや日当たりなどを考えて購入しました。

 

建物が傾いたりするような大地震に遭遇する確率は少ないと思ったり、大手メーカーの建物だから対策もしっかりしていると信じながらも、地盤のことについて考慮しなかったことを反省しています。

神奈川県K様

国土地理院地形図でマイホーム購入前に無料で地盤の把握を

2017.02.26

 





スポンサーリンク