駅近マンションは資産価値が高いのか!?実際に駅近立地で購入したみんなの体験談まとめ!(新築・中古)

駅近くのマンションが夜の街で煌々と輝いている

マンションは新築・中古を問わず駅近の立地は資産価値があるのか?

ここでは、実際に駅近マンションを購入したみなさんの体験談を取り上げていきますので参考下さい。

 

【体験談①】資産価値の高いと言われる駅近マンション購入に至った経緯(東京都Y様女性)

2012年に中古マンションを購入しました。東京23区内で、最寄り駅から徒歩5分の場所になります。広さは2SLDK、約70平米です。

現在は駅近マンションの資産価値を実際に感じることができ、とても満足しています。

 

購入を検討したのは、地方勤務のある会社の東京本社に戻ってきてすぐのことでした。

両親がかなりの年齢(60歳代)になっても家を購入していなかったので、自分は早めに購入したいといつも考えていました。

家は全部で7件ほど見に行ったと思います。

購入の決め手の条件はいくつかありましたが、中でもいろいろと両親と話し合ったのは立地に関するものでした。

その前に住んでいた家は、最寄り駅から徒歩最低15分と、かなり遠かったので非常に不便に感じていました。

バスまたは自転車がないと生活しづらかったです。

そのため、私としては「絶対に駅の近くに住みたい」という強い希望がありました。

それはすなわち「マンションの資産価値にも通ずる」と考えていました。

 

一方、一緒に住む両親にはそこまでの希望はなく、当時存命だった祖母の家(2014年に死去)から遠くないところがいいという要望がありました。

実はこの要望は私が一番住みたかった場所とかみ合わなかったため、私が譲歩することになりました。

その範囲内でマンションを7件ほど見て、実際に駅まで歩くなどして確認しました。

最終的には管理費の費用なども考慮した上で、今の家に決めました。

前の家から徒歩10分程度で、最寄りの駅も変わりません。

なじみ深い場所であることと、同じ駅から徒歩5分程度であることが、両親にとっては大きかったようです。

ある程度の年齢になってから、まったく知らない土地に住むのが怖かったのかもしれません。

駅近マンションは資産価値「大」

駅近の立地は資産価値という面から考えてもやはり正解でした

23区内の駅から徒歩5分というのは、値段があまり下がりません

購入から5年ほどたった今も、固定資産税などの関連で資産価値が区役所から送られてきますが、※買ったときより高額です。

※不動産市場の動向により、価格は上がったり下がったりします。

中古マンションだったので、もともと建物の値段は高くはないのですが、土地の値段が高いのです。

また、仮に誰かが高齢になった場合でも、電車でどこかにすぐ行けるというのは便利なものです。

当初引っ越しにそこまで積極的でなかった両親も、今はこの駅近マンションのメリットを強く感じているようです。

バスもかなり多く通っている地域だったのでその点でも非常に便利なところになります。

難点といえば、少し商店街が寂しいという点くらいでしょうか。

今のところですが、中古マンションを購入したデメリットは特にありません。

資産価値も十分に感じることができています

今後もこの駅近マンションでの生活を楽しんでいきたいと思っています。

 

【体験談②】駅近でグレードが高いマンションは資産価値がある

神奈川県60代男性

今話題の街でタワーマンションを購入しました。

購入した当時は、街の開発が止まってしまい、これからどうなるのか心配でしたが、その後順調に街は開発され、ショッピングモールやいろんなお店ができたので、今や住みたい街の上位に君臨してます。

マンション自体も住んでいる人は、仲も良く、街全体としてもいろんな管理組合をまとめている組織もあるので、非常に便利です。

ただし、順調に開発されたので、今や住んでいる人が増えすぎて、朝晩のラッシュが大変な状況です。

この点については、私鉄およびJRが対策を打ってくれるので、時間の問題です。

 

住む場合の環境も大事ですが、大きい買物なので違う観点からも検討する必要があります。

マンションを購入する場合には、自分が住むつもりで購入する場合と不動産所得を得る目的で賃貸用に購入する場合があります。

マンション購入の目的は異なりますが、サラリーマンが自分が住むつもりで購入したけれど、転勤等の事情で住めなくななっても、良い物件なので売却せずに、一時的に他人に賃貸しておき、将来的には自分が住めることも検討できるのが理想です。

賃貸用に設計されている物件は、自分が住むにはややグレードが足りないと思いますし、分譲物件のグレードが十分であり、所在地等の物件の条件としても整っていれば、それなりの賃料を請求できる可能性があり、若干安く賃貸ができれば、競争にも勝てると思います。

私の物件は、広さは95㎡で間取りは4LDKであり、賃貸用物件とはグレードが違いました。

マンションはその場所が何と言っても大事であり、駅に近くて交通が便利なのが理想ですが、私の場合は駅から歩いて5分ですし、駅は私鉄とJRが複数通っていて、どの場所に行くときも、複数の行きかたができて、非常に便利です。

マンションはコンクリートでできており、半永久的に使用でき、最先端の設計がなされていれば、使用年限も長く、最近の流行で言えばタワーマンションなら資産価値の観点から見ても抜群だと思います。

 

結論ですが、駅から歩いていける物件でそれなりのグレードがあるマンションを購入するのがベストだと考えています。

 

【体験談③】賃貸に出しても実感できた駅近の普遍的資産価値(千葉県30代女性)

私たちは千葉県のファミリーに人気の地域にマンションを購入しました。夫と私と小学生の子供が一人の三人家族です。私たちがマンション購入時に重視したのは、「立地」です。

私たちは将来的にはどこかに移動することが予想されていたため、その際に賃貸にする、もしくは売却することも視野に入れて資産価値が下がりにくいことを念頭に入れてマンション選びをしました。

 

マンション購入時、都心への通勤を考えた時、もう二つ手前の快速が停まる駅が理想的でした。しかし、その地域では駅近の物件では、私たちの条件に合うものがなかなかありませんでした。

間取りは良くても日当たりがいまいちであったり、築年数が古かったり、金額的に合わなかったり、、、。それにどれも駅まで徒歩で15~20分はかかりました。

私たちはそれまで賃貸で色々な物件に住んだ経験から、駅からの距離がかなり重要であると感じていました。具体的には駅から徒歩10分以内であるということです。

マイホームを購入しても、その地域が3年後に変化をしないということはありえません。

スーパーが移動したり、近くに新築マンションが建ったり、景観が変わったり、と必ず何らかの変化があります。

また、マンション自体は時間とともに経年劣化してきます。ですが、駅近であることは変わりません。そのアドバンテージは普遍的です。

 

実際にマンション購入後3年程して、購入したマンションから徒歩5分(駅から離れる)のところに新築のマンションが建ちました。

日当たりが良く、間取りも広く、設備もパーティールームやキッズルーム完備、オール電化でとても魅力的な物件でした。販売開始すぐに8割程の部屋が完売になりました。

私たちはその後1年ほどして引っ越すことになり、マンションは賃貸に出すことにしました。

その際に新築マンションが建ったことで賃料も建つ前より低めになるのではと心配しましたが、駅から徒歩10分という理由で下がることはありませんでした。

 

さらにすぐに借り手も見つかりました。その方が下見に来た際も、駅まで10分かからないので通勤通学が便利で助かると仰っていました。

マンションの設備は改良する、追加することも可能です。しかし、立地だけは変えることができません。駅からの距離が資産価値にどう影響をおよぼすかを実感した出来事でした。

 

色々な物件を比較した上でマンションを購入した私たちですが、駅に近ければ近いほど資産価値は高くなり、さらに保ちやすいのだと考えています。

単身者の場合は駅前の物件が魅力的でしょう。ファミリーの場合は駅に近すぎるというのも環境面で考える必要があると思いますので、駅まで徒歩10分以内がベストではないでしょうか。

以上の経験から、資産価値を決める大きなポイントは「立地」と言えると思っています。

 

【体験談④】マンションを売りに出して痛感!郊外でも駅近が有利!(愛知県W様)

売却を少しでも考えてのファミリー型マンションを購入するなら絶対駅近がいい!

3LDKのマンションを売却したときになかなか売れずに苦労しました。そんな私の体験談を紹介します。

 

私は結婚、妻の妊娠と同時に郊外に3LDKのマンションを購入しました。購入した物件は1階に150㎡程の共同広場があり、また滑り台とか子供のおもちゃも置いてあって、マンションの子供が安全に遊べる施設が売りでした。

また、24時間365日どんなゴミでも出せるごみステーションがあり、無料で使えるウォーターサーバー、ペット可とファミリー向けのマンションとしては設備は整っているマンションだったと思います。

快適な生活だったのですが、諸事情により実家の隣に注文住宅を建てて戻ることになり売却を余儀なくされました。

 

仲介業者に数社話を聞いてみて一番人当たりの良さそうな仲介業者に決めました。

仲介業者からも最初は「アピールできるところが多くて高く売れると思いますよ」といい感じの返事をもらいました。

というわけで、組んでた住宅ローンを完済するのにちょうどいい値段で売りに出したのですが。。。。

 

問い合わせは結構あったみたいです。しかし、お客さんが言うのが「結構駅まで遠い」という意見が多かったとのことです。

子供を育てる環境としてはよかったのですが、駅やバス停までが遠かったみたいです。

徒歩10分くらいかと思うんですが、大人の足でなんでベビーカーや子供の足として考えると車がないと厳しいという意見が。

私達夫婦は二人とも車を所有してて電車もほとんど使用しなかったので苦にはなりませんでしたが、街中にもともと住んでた人達は免許がない女の人が結構多いみたいです。

そして仕事も電車通勤というのが多いというです。なので、ファミリータイプであっても駅近という希望が高いです。

 

絶対に引っ越ししない、売却しないという人は自分が良いと思うことを優先して購入するべきだと思いますが、売却もしくは賃貸として考えるのであれば郊外であっても駅近は譲れないポイントということを覚えておいてください。

売らないことが前提での買い物ですが、何が起こるかわからないのが人生です。

 

【体験談⑤】徒歩5分以内の駅近マンションがおすすめです!(京都府・男性)

新築マンションを購入する場合、駅から5分以内という駅近物件を厳選すべきです。

2016年の春に新築マンションを契約・購入しました。私がこだわったのは、駅から歩いて5分以内ということでした。

それまで私は、駅から徒歩で15分ぐらいの一軒家に住んでいましたが、結婚に際して、条件反射のように新築マンションを買いました。

実はモデルルームを訪問した最初のマンションで、購入希望の電話を入れたのはそれから1週間後。その間に見た他のマンションは2件だけというスピード決断でした。

その時、私の肩を押したのは、駅近マンションの想像以上の住みやすさを直感的に感じたからでした。

 

実際に住みだして痛感しましたが、自室からマンションのエントランスまで約5分程度かかります。

特に3階以上に住むと基本的にエレベーター利用になり、階段を使うことがなくなるため、駅近マンションでも、自室から駅まで10分を見ておく必要があります。

駅から10分を超えるマンションの場合は自室から15分かかってしまい、駅から徒歩15分の一軒家と条件はほとんど変わらなくなってしまいます。

せっかくの新築マンションなのに、駅まで行く体感時間が一戸建てとそれほど変わらないなら、少し残念に思えてきますよね。

 

また、駅からマンションまでの動線には必ず、コンビニやスーパーやドラッグストアや銀行などのライフラインが揃っているので、買い物が極めて便利なのもメリットです。

特に便利だなと思ったのが、宅配ロッカーがないマンションの場合、宅急便のコンビニ受け取りが利用できることです。

人手不足のために、再配達に料金がかかる可能性も出て来たことから、近くのコンビニで会社帰りに受け取れて長い距離を歩くことなく、家まで持って帰れるというのは本当に便利だなと実感しました。

最近のスーパーは袋をくれないことが多いので、小さな袋に詰め込んで途中でビニールが破け・・・みたいなストレスも感じることがなく、快適な生活を送れています。

 

マンションの住みやすさ、という観点からは駅近の徒歩5分以内の物件を強くお勧めします。自室からの体感距離が一桁と二桁では、感じる住みやすさとストレスが段違いです。