「中古マンション・管理費が高い物件」あなたは買いますか?

中古マンションを購入するときは何が決め手になるでしょうか?

築年数や立地、金額などいろいろあると思いますが、忘れてはいけないのが管理費です。

実際、私の場合は管理費が最終的に住宅購入の決め手になりました。

スポンサーリンク

気に入った中古マンションは管理費が高い

家を探していた時期は約半年ほどで、2011年の夏から2011年末ごろまででした。

主に東京都内の駅徒歩10分以内の家を探していました。

全部で見学したのは合計10件ほどになったと思います。

そのうちの一つは、きれいに手入れされた作り込まれた庭がありました。

部屋も広く、少し古かったものの大きなリビングがあり、悪くないなと思いました。場所も手ごろでした。

しかし、庭の手入れ代金ともいうべきか、なんと管理費と修繕積立金を合わせると月6万円程度必要だったのです。

20年で1,440万円の管理費は高い

人によっては高くない金額なのかもしれませんが、長期で払うと考えるとそこそこの高額になります。

6万円×12カ月×20年=1,440万円

長期でずーっと管理人にお金を払い続けることになれば、ローンを払い終えたとしてもそれなりの金額を払っていかなければならないことになります。

母は「あの庭に払ってると思うとなあ・・・」と言っていました。

管理費に加えて駐車場代も

しかも、私の家族の場合は、父が自営業をやっている都合上、どうしても車を所持しなければなりませんでした。

候補物件の中には駐車場がもともとついているものもありましたが、そちらの物件の場合は立地がよくないなど、別の条件で却下となりました。

駐車場代金を考えると、プラス3万円程度を維持費として考える必要があります。

「自主管理」の中古マンションは管理費が安い

最終的に決めたところは、自主管理のところでした。

ここは管理費と駐車場費をすべて合わせて5万円弱

不動産店に聞いたところ、「自主管理だから安くなっている」とのこと。

私自身は、正直自分では自主管理のメリット・デメリットがよくわかっていなかったのですが、不動産会社に勤務する友人に訪ねたところ、

「ブランドとかペットショップみたいなものを想定してほしい。よく知っているブランドが作っているバッグや、安心できるペットショップで売られている犬には人気が集まる。

それと同じようなもので、自分で作ったり、犬を育てたりすることが問題なければ大丈夫」

というコメントをもらいました。

要は「自分で住みながらマンションを維持・管理していけるのなら大丈夫」という事です。

一軒家だったら、自主管理も何も、自分で管理しなくてはなりませんし、このマンションは戸数が10戸程度と少ないものでした。

自分で一戸建てを持っても、結局自分で管理することは変わりません。

結局、管理費の安さが決め手になり、この中古マンションを購入しました。

スポンサーリンク

中古マンションの管理費・修繕積立金の「高い安い」にも注目

中古マンションは長期を見据えた買い物です。

それを考えると、管理費や修繕積立金も考慮した上で購入する必要があります

中古マンションを購入する時は必ず注目してみてほしいと思います。

東京都・女性





スポンサーリンク