徒歩5分以内の駅近マンションのメリットを知っておこう!

タワーマンションと青空

新築マンションを購入する場合、駅から5分以内という駅近物件を厳選すべきです。

スポンサーリンク

駅近マンションのメリットを直感的に感じる

2016年の春に新築マンションを契約・購入しました。私がこだわったのは、駅から歩いて5分以内ということでした。

それまで私は、駅から徒歩で15分ぐらいの一軒家に住んでいましたが、結婚に際して、条件反射のように新築マンションを買いました。

実はモデルルームを訪問した最初のマンションで、購入希望の電話を入れたのはそれから1週間後。その間に見た他のマンションは2件だけというスピード決断でした。

その時、私の肩を押したのは、駅近マンションの想像以上の住みやすさを直感的に感じたからでした。

駅近マンションに住んでみて感じたこと

実際に住みだして痛感しましたが、自室からマンションのエントランスまで約5分程度かかります。

特に3階以上に住むと基本的にエレベーター利用になり、階段を使うことがなくなるため、駅近マンションでも、自室から駅まで10分を見ておく必要があります。

駅から10分を超えるマンションの場合は自室から15分かかってしまい、駅から徒歩15分の一軒家と条件はほとんど変わらなくなってしまいます。

せっかくの新築マンションなのに、駅まで行く体感時間が一戸建てとそれほど変わらないなら、少し残念に思えてきますよね。

 

また、駅からマンションまでの動線には必ず、コンビニやスーパーやドラッグストアや銀行などのライフラインが揃っているので、買い物が極めて便利なのもメリットです。

特に便利だなと思ったのが、宅配ロッカーがないマンションの場合、宅急便のコンビニ受け取りが利用できることです。

人手不足のために、再配達に料金がかかる可能性も出て来たことから、近くのコンビニで会社帰りに受け取れて長い距離を歩くことなく、家まで持って帰れるというのは本当に便利だなと実感しました。

最近のスーパーは袋をくれないことが多いので、小さな袋に詰め込んで途中でビニールが破け・・・みたいなストレスも感じることがなく、快適な生活を送れています。

スポンサーリンク

おわりに

マンションの住みやすさ、という観点からは駅近の徒歩5分以内の物件を強くお勧めします。

自室からの体感距離が一桁と二桁では、感じる住みやすさとストレスが段違いです。

京都府在住・男性

駅近マンションの資産価値。購入して実感!

2017.08.24

駅近物件のメリットを知り、郊外でも駅近物件を選ぶべき!

2017.05.22

 



スポンサーリンク



タワーマンションと青空