新築マンション内覧会のチェックポイントはオプション箇所だった!!

埼玉県40代女性の体験談です。

スポンサーリンク

新築マンション内覧会。注意すべきチェックポイント

我が家で新築マンションを購入した時の経験から、マンション完成後の内覧会の際に、注意すべきチェックポイントをお伝えしたいと思います。

 

内覧会では、水回りや建具の立て付けなど、チェックしなければならない箇所がいろいろありますが、一般的にチェックすべき箇所については、ネットなどでチェックリストが簡単に入手できるので、そちらを利用すれば十分かと思います。

私が特に注意すべき箇所としてお伝えしたいのは、オプションでお願いした箇所です。

オプションで作られた部分は、元々の建築計画でよく練られてから作られた部分と違います。依頼された建築業者さんも、それほど深く検討して作ってくれるわけではないので、位置や寸法などで想定していなかったような問題が発生しやすいようです。

内覧会では、オプション部分の状態を特に念入りに確認し、実際に使用した時に他の家電や家具との位置関係が問題ないか、チェックする必要があります。

 

内覧会でチェックを見落としたオプション箇所

我が家では、オプションを2つお願いしました。1つめは、物干し竿を天井から吊り下げられるようにする設備です。

天井に2か所、物干し竿の長さよりやや短い距離をおいた穴をあけ、吊り輪のようなポールと接続できるコネクターをつけるという工事内容で、ポールを天井に接続して、吊り輪部分に物干し竿を通すことで、物干し竿を室内に設置できるようになります。

ポールは取り外し可能で、使用時以外は物干し竿ごと取り除くことができ、見た目も気にならなくなるので、便利ですごく良いと思い、かなり期待して依頼しました。

洗濯物の味方!屋内と屋外で活躍するスポット式物干し竿掛け

2017.06.09

マンションが完成した後の内覧会で、設備の状況をざっと確認した際は、特に問題を感じませんでした。ところが実際に入居してから問題が発生しました

なんと、エアコンを取り付けたら、天井の穴の位置をふさぐ形になってしまい、ポールがとりつけられない・・・。これでは、設備をつけた意味が全くなし。エアコンを実際に取り付けるまで、こんなことになるなんて思ってもみなかったです。

結局、建築業者さんにお願いして、別の場所に再度天井の穴を開けてもらいました。設備自体は新たに設置した場所で利用できるようになりましたが、既に開けてしまった穴は元に戻せず、そのままに。

そのため、我が家の天井には、使えもしないポール接続用の穴が無意味に複数開いてます。あまり見た目もよろしくない状態です。

実際の家電をとりつけた時の位置関係をシュミレーションしていれば、こんなことにはならなかったと思います。

少なくとも、内覧会でちゃんと確認して気づいていれば、引渡し前に穴を埋めてもらうなどの対応をとってもらえたかもしれません。

 

もう1つお願いしたオプション部分にも、問題がありました。カウンターキッチンのカウンター部分の下に、幅がぴったりとなる物入の設置を依頼していたのですが、物入の内部の、高さ調整できる棚板の寸法がおかしい。

物入の幅に対して長さが短く、端に隙間ができており、薄い文庫本を置いたら下におっこっちゃいそう。ホームセンターで売っている組み立て式の家具だってこんなに隙間はあいてないのに、とがっかりしました。

結局、こちらの棚板も交渉の末、取りかえてもらいました。

 

スポンサーリンク

マンション内覧会にあたりチェックポイントを把握

新築マンション内覧会では、オプションで依頼した箇所は特にしっかり確認しましょう。その際は、必ず実際に使う場面を想定し、他の家電や家具との位置関係が問題ないか、サイズや位置、使用感をシュミレーションしましょう。

また、複数の目があるほうが問題に気づきやすいと思いますので、親などの協力が得られる場合は、同席をお願いした方がいいと思います。何かあった時に交渉する際も、複数人で臨んだ方が主張しやすいですよ。

せっかくつけたオプションに入居後がっかりすることのないように、内覧会の際はしっかりチェックして、早めに対応してもらいましょう。





スポンサーリンク