中古マンションの駐輪場が足りない!?購入後発覚。バスで買い物にいくはめに

路上におかれたバスケットのカゴの付いた自転車

中古マンションを購入後に自転車利用を考えている方へ。

もしかすると、駐輪場が足りないということもあるので確認しておきましょう。

 

【体験談】駐輪場が足りないので電動自転車をベランダに…。中古マンション購入前に確認すべきだった

東京都30代女性

2017年に中古マンションを購入

 

私は築45年の14階建ての中古マンション(3LDK)を購入しました。古い物件ですが、山手線と東横線が徒歩圏と立地が抜群で、耐震基準適合マンションのため、住宅ローン減税の恩恵も享受できます。

古い中古で耐震診断証明書がとれず住宅ローン減税もだめに。解約へ

また新築リフォーム済みで家具付きのため引越しに伴う初期費用も最小限に抑えることも魅力的でした。

金利も低かったため郊外の新築マンション以上の価格はしましたが、悪い点が見つからず、一目で気に入り即決ました。

 

駐輪場がいっぱい

私が中古マンションを購入して、今後悔していることは、部屋のみを気にし、マンション特有の共同施設の状況を良く調べなかった事です。

今思えば、様々な面でマンションの住人と共同する施設や設備があるとことを考えておくべきでした。

中古マンション購入後、買い物用の電動自転車の置き場所を管理人に確認した所、駐輪場に空きがなく電動自転車を駐輪できない事が分かりました。

更に駐輪場に空きが無いため、駐輪場が空くのを待っている方が数名いるとのことでした。

内見の時に不動産会社から特に駐輪場についての説明はありませんでしたが、我が家も確認すべきだったと反省しました。

慌ててマンションの管理規約を確認したところ、「区分所有者は駐輪場を優先的に使用できる」と記載がありました。

マンションの管理規約を根拠に管理人や管理組合と交渉しようと思いましたが、入居早々に既居住者の方々ととあまり問題を起こしたくないという思いもあり、駐輪場への電動自転車の駐輪を諦め素直に駐輪場が空くのを待つことにしました。

「区分所有者は駐輪場を優先的に使用できる」とは?

つまり、マンションを購入して住んでいる方が、賃貸で住んでいる方よりも優先されるということです。

 

電動自転車は使わなければただの重量物です。自宅のベランダに置いておき、買い物の都度エレベータに乗せるのは女性では現実的でないため、駅前の駐輪場に置くことにしました。

その結果、買い物には徒歩とバスで行く羽目となり、駐輪代とバス代という余計な出費と時間のロスが発生しました。

 

駐輪場も含め管理規約をマンション購入前に確認することが大切

もし、これから中古マンションの購入を検討しようとされている方は、マンションの管理規約を一読し、さらに実際の状況を不動産会社経由で管理人や管理組合に確認してもらう事が重要だと思います。

規約といっても実際は長年の運用で形骸化しているようなルールも散見されています(私が購入したマンションは管理規約ではペットは不可となっていましたが、散歩にいく大型犬とエレベータで出くわす事が日常茶飯事です)。

大事なのは管理規約の情報のみを鵜呑みにせず、実際の運用状況について自ら情報収集を行う事です。

購入後に不憫な生活を送る事がないようこの情報が役立てば幸いです。

 

【関連】