新築マンションの外階段が鉄骨!?入居して気づき、好みと合わずに売ることに(泣)

工場に付いている黒の鉄骨の外階段

新築マンションを建築中に購入する場合はパンフレットなどを参考にして購入の決断をすることとなります。

実際に完成した時に、「イメージと違った」というのは、大いにあり得ることです。

 

【体験談】建築中の新築マンション購入。後に知ることとなる安っぽい鉄骨造の階段だと…

大阪府40代女性

2008年に新築マンションを購入

 

30代で初めて買ったのが大阪市内の新築マンションでした。3LDK・75㎡、よくある中和室、田の字変形の間取りです。

駅前、官公庁や学校、病院が近い人気エリアでしたが比較的安く購入することができ満足していました。

 

鉄骨むきだし箇所が多い!(驚)

契約して数カ月後、マンションが完成し出来上がりを見てびっくりです。共有部分がとても粗雑だったのです。

特に気になったのが「鉄骨造」の非常階段。まるで工事途中の階段のように鉄骨がむき出しでした。

外廊下、20階建以上のいわゆる「板状タワマン」だったのですが非常階段は外側から丸見えで、同じように駐車場、駐輪場なども何かと鉄骨造の箇所が多く、本当にこれは分譲マンションなのかと疑いたくなる作りでした。

その鉄骨部分はほかにもところどころあり日々目につきました。

 

他の部分は高級感ありだが残念。売却することに

全部の仕様が悪かったわけでもないのです。

エントランスやマンションの南側などは高級感があり専有部分で使われている設備なども近隣で1、2を争ういいものが使われていました。

なのにこの共有部分のみすぼらしさ。専有部分のグレードを落としてでももう少し共有部分にも気を遣って欲しかったです。

築年数を経るごとに粗雑さを感じていたほかの共有部分と合わせて団地を思わせる雰囲気に変わっていきました。

そして最終的にこのマンションにずっと住むイメージが持てず、今年、売却しました。

 

 

建築中には気づかなかった…

入居する前にひととおり調べたつもりでした。でも気づけませんでした。

「鉄筋コンクリート、一部鉄骨造」の記載。鉄骨造の外階段。

どちらもしっかりとパンフレット記載されていました。美しい夜景と共に目立たない形で。

夜景ばかりに気を取られて見落としてしまっていました。

 

好みもあると思うが、外階段が鉄骨かどうか新築マンション購入では確認しておいた方が良い

建築中マンションを買う際はパンフレットなどに「鉄骨造」の文字がないか、もしあればどの部分なのか、どんな作りになるのかをしっかり確認した方がいいです。

場合によっては完成済み物件や中古物件の方が安心して購入できるかもしれません。

鉄骨造でも意匠を凝らして美しく仕上げているマンションもたくさんあります。

専有部分は入居してからリフォームすることができますが外階段などの共有部分はそういうわけにもいきません。

共有部分の仕上げ、特に一部「鉄骨造」だった場合、安っぽくなることもあります。

その「鉄骨造」にセンスはあるのか、考えられた設計になっているのか、しっかり確認してから購入することをおすすめします。

 

【関連】