【予想外】岡山の住みにくいエリアにマイホーム購入。こんなはずではなかった…

瀬戸大橋と海

「住みにくいエリアかどうか」という判断基準は物件の状況によっても変わってきます。

今回は、こんな体験談のご紹介です。

  • 岡山県の3つの物件を見学
  • 「予定」をあてに物件を決める
  • 「予定」は実行されず
  • 結局、「住みにくい」

【アドバイス】予定は未定。マイホームにおいて絶対条件の項目が「予定」の状態の物件は候補から外すべき。

スポンサーリンク

岡山で買ったマイホーム。結果的に住みにくい街のままに…

岡山県K様男性

家を買う際の住所(場所)の具体的な選び方は、それぞれの事情により決められます。

ひとつは職場との位置関係で通勤時間にあまり時間をかけたくない人。立場によっては会社からの呼び出しにすぐに行かないといけない人。

経営者や工場責任者で工場で問題が発生した時は飛んで行かないといけない人。警察、税務署などの偉い人などもそのようです。

あとは環境的なこと。これは家族構成により決まります。この病院の近くでないといけない人がいる。特殊な学校に通う子供のため。近くに買い物ができるところがある。

子供の学校が近い。山が近い、海が近い、友達が多い、遊ぶ場所が近い。実家に近いなどのことが理由だと思います。私は、というか妻の意見で、学校と買い物のしやすさになりました。

 

岡山で紹介された3つの物件

営業マンから新築の場所に3つの提案があがりました。

1つめは、山の斜面の新築マンションで、降りた所は目の前は海があり、市中心から15km離れた場所になります。

2つめは、周りが山に囲まれた新築マンションで、市中心から30km離れた場所になります。

3つめは、山を切り拓いた新築700世帯分くらいの大型の新築マンション、元々住んでいる市から30km、新築住所の市中心から7kmになります。

この3つの場所でした。

 

岡山の3つの物件を見学に

この3つの場所を営業マンと見学に行きました。

1つめは、山の斜面でも日当たりが悪く墓地が近くにあったので除外しました。

2つめは、環境的にはよかったのですが、市内手前まで片側一車線の道が続くため、朝夕いつも混雑しているのでやめました。

3つめは、環境的に学校(子供が通う小学校まで山の上から平地まで300mの坂、そこから2.5km)も近くないし、スーパーもないからダメでした。

 

岡山の3つ目の物件に決めた

4つ目の提案をお願いする予定でしたが、営業マンから小学校からマンションまで往復バスがでる予定だから問題ないと言われました。マンション隣接地にスーパー建設も予定。

実際、往復バスは市に申請中で、スーパーは建設予定の看板もあったので、妻の了承のもとに3つ目の物件に決めました。

家が完成して引っ越し、小学校まではまだまだ先だから、2年後ぐらいに小学校までのバスがでたら安心できるなと思っていました。

 

【予定外】いっきに住みにくいマイホームと変貌

ところが、あと1年のタイミングで、ご近所さんの立ち話で、往復バスの市への申請は却下されたと聞き、子供は徒歩通学になりそうな状況です。

マンション内理事から民間バスで学校までの往復の発着時刻を多くするようにお願いしましたがダメだったと聞きました。

そのうち学校までのバスのことは、誰も話しをすることはなくなりました。忘れていたスーパーですが、できるはずたった建設予定の看板も無くなっていました。

スーパーはともかく、学校までの徒歩通学は山斜面の舗装されていない道の往復それだけでも大変です。

 

スポンサーリンク

結果的に岡山の住みにくいマンションを購入。そこからの教訓

この経験から予定は未定で、「○○予定は、そうなるかもしれない」「そうなったらありがたい」ぐらいの考えでいたほうがいいと実感。

もし「なければ困る」という絶対的な条件であれば、選ばないほうがいいでしょう。条件が妻の意見なら後々ネチネチと言い続けられれることを覚悟してください。



スポンサーリンク



瀬戸大橋と海