建売を探しているのに土地を紹介してきた不動産営業マンが放った一言

戸建の模型を持った営業マン



やっぱり信頼できる人間から買いたいというのは夫婦共通意見だった(埼玉県30代男性・2016年に新築戸建購入)

当時、私31歳、妻29歳、長女3歳、長男1歳、二女(お腹の中)6カ月の家庭環境でした。

転勤族の私は、会社からの住宅手当の満了期限の3か月前、2016年4月今後の事も考え住宅購入を決意しました。

住宅購入条件は、住みやすい市町村、新築戸建て位からスタートしました。

まずは、各有名建築会社からの資料請求。住宅展示場周りからスタート!しかし!!流石一般人の人生最高額の買い物。まぁ~高い高い。

生粋の庶民の私には到底届かない金額がズラリでした(^_^;)

 

ここで私達の狙う方向性は、注文住宅を諦め建売物件の一択に決定!

すぐに某有名仲介会社へ駆け込み、希望を伝えました。

担当になった人は『さわやか』『話が上手』『丁寧』のまさに理想の人でした(これが後に思い込みと気付かされました)。

早速4件の物件に案内されました。1件目2件目魅力だが金額的に織が合わず3件目。

担当『あまりお勧めではないのですが』と一言

私『この物件が売れていないんですか!?いいじゃないですが』

担当『そうですかぁ?最後に案内したい物件があるのですが』

3件目の私達の反応を見て焦ったのか、しきりに4件目の物件を紹介してきました。

実際に物件に向かってみると、あれ?何も無いぞ?間違えたのか??

担当『到着しました!ここは土地だけなのでご希望の住宅を建てることが出来ますよ!』

???私『あの~注文住宅は考えていないんですけど』

担当『そうですよね!ただここなら、先ほどの物件に少しプラス(500万)するだけで更にお客様のご希望の添えると思うのですが』

この時、私と妻同じ考えに至りました!『この人大丈夫!?』

紹介された4件目の物件は話だけ受け流すだけ聞き、その日の案内は終了しました。

 

その日に家庭内会議を実施し、他の仲介会社に3件目の物件を紹介してもらいました。

現在は希望の物件を購入でき、生活に支障をきたさない住宅ローン返済のもと生活できています。

後にわかったのですが、最初の仲介業者は注文住宅を販売したケースと建売住宅を販売した場合で、成績が大きく変化するようです。

別に最初の会社で購入してもよかったのですが、人生最大の買い物。やっぱり信頼できる人間から購入したいですよね!





戸建の模型を持った営業マン
ストレスのない物件探し!

東京23区でマイホーム購入を考えているあなたへ。

原則、仲介手数料『無料』or『半額』

物件情報を自動配信しております。

①最新情報

②価格変更

電話番号・住所登録も不要!

詳しくはこちら