【物件探しのコツ】不動産会社の人間が自分の家を探すなら利用するおすすめ3サイトを提案!

【物件探しのコツ】不動産会社の人間が自分の家を探すなら利用するおすすめ3サイトを提案!

「物件探しのコツは??」

この質問に答えるというより提案をできる者といったら、人生でたくさん引越しを経験してる人、もしくは不動産会社ではないだろうか。

弊社は後者の不動産会社(東京)にあたりますが、「自分が今から物件探しをするならこうするな」という手法を今回は提案していきたいと思います。

やり方はいたってシンプルです。サイトをうまく利用するのが一番効率が良いと思います。

ここでは以下のような種類別のおすすめサイト3つの活用方法をご紹介していきます。

  1. まずはなんといってもスーモ!
  2. 不動産会社専用のデータベースが届く!
  3. 未公開・非公開の物件も知りたい!

①まずはなんといっても業界最大手のスーモ!

今となっては家で寝転がりながらも、物件探しができる時代。

スーモなどのサイトで目星をつけては資料請求をしたり、気になったら内見予約をするといった流れとなるのが普通です。

この記事を書いている私も、不動産会社に勤めながら中古マンションを買いましたが、スーモをガンガン利用してました。

不動産会社の人間でもやることは基本的にはみなさんと一緒です。

気になる→内見するという手順です。

 

テレビ露出も多く、やはりスーモから入る人は多いと思います。

弊社でも、オーナー(売る人・貸す人)から物件を預かった際には、やはりスーモ掲載は必須としています。

やはり、他のサイトと比較しても、スーモは一番閲覧数が多いのも我々はわかっています。

時にはスーモだけに載っている物件というのも存在しているのも事実です。

やはりスーモでの物件探しというのは、今現在の時代の流れであり、今後もしばらく続いていくことは不動産会社からみても明らかです。

まずは物件検索をして、気になる物件を見つける→本当に気になるものは資料請求するの繰り返しです。

suumo公式サイト

②不動産会社専用の物件データベースがそのまま届く!

スーモはもちろん必須と言えますが、実は世の中のすべての物件が載っているわけではありません。

それには様々な要因があるのですが、例えば、物件をオーナー(売る人・貸す人)から預かった不動産会社がスーモを使ってないとか、オーナーが「近所に知られたくないから載せないで」といったケースです。

ですが探している側からみれば「そういう物件の情報も欲しい!」というのが当たり前であり、普通です。

そこであるシステムを紹介します。

我々不動産会社のみが利用できる物件データベース「レインズ」というものがあるのですが、その情報がなんとそのまま配信されます。

ここにはほぼ全ての物件が大量に掲載されています。もちろんオーナーが「スーモに載せないで」といった物件も含まれます。

いわば、希望条件に該当する物件情報の「取りこぼしを防ぐ」といった意味でおすすめとなります。

 

私も実際に今のマンションを買ったときに、物件探しの間はこのレインズをしょっちゅう見ていたのは言うまでもありません。

ですが一般の人は見れません。そこで、一般の人も同等の物件がみられるシステムを利用することをすすめます(無料)。

ここまで期待させておいて、心苦しいのですが、一点お伝えしなければならないことがあります。

それは、このシステムは今のところ東京・神奈川・千葉の一部・埼玉の一部のみしか利用できない状況です。

さらに売買のみとなります。該当されない方は申し訳ございません。

ですが、もし、今ここを読んでいて、東京・神奈川・千葉・埼玉で売買物件を探しているという人は何かのご縁だと思いますので、是非無料登録をしておいて下さい。

不動産会社の視点からも、このシステムは非常に便利であると断言できます。

登録はお名前(ペンネームも可)とメールアドレスのみ。

電話番号不要のため、営業電話はかかってきません。

本日登録された物件情報が翌日の午前中に新着・価格変更として素早くあなたの元へ届きます(希望条件に該当する物件のみ)。

スーモに載っていない物件も時には含まれます。

「いずれはマイホームを」と考えている方も、長期的な情報収集としてお役立て下さい。相場観も養われます。

再度申し上げますが、不動産会社からみても非常におすすめです。

無料登録はこちらより

③さらに抜け目なく未公開物件・非公開物件も手に入れる!

上記の2つの方法だけでも、ご希望エリアの物件情報はほとんど手に入ると言っても過言ではありません。

ですがあくまで「ほとんど」です。

ではいったいどうすれば、「全て」により近づけるのでしょうか?

それは、これから出てくる未公開物件と非公開物件の情報をもらうことで解決に近づけます。

私が今のマンションを買ったときは知らないサイトでしたが、以前お客様から直接聞き「いいね!」と思いました。

もし私が当時物件探しをしていた時にこのサイトを知っていたら、まず利用しただろうなと感じました。

そのため、その情報をシェアさせて頂きます。

※こちらのサービスは全国展開していますが、現在は売買のみの取り扱いとなっているようです。

未公開物件

読んで字のごとく、まだ公開されていない物件です。

スーモには載ってないが、先ほどでてきた②不動産会社専用データベースに載っていることは考えられます。

ですが載っていない場合、主な理由としては、

  • 単純にパンフレットや写真などの準備中
  • 新築をこれから建てるから建物がある程度できあがったら公開予定
  • いくつかの不動産会社だけで販売活動をしてある程度たってから公開予定

などなど、理由はいくつかあります。

この未公開情報というのはなるべく早くほしいと思うのが人間の思考ではないでしょうか?

「いい物件は足が早い(すぐ売れる)」とは昔から言われているものです。

非公開物件

読んで字のごとく、公開しない物件です。

もっとも多い理由としては「近所に売りに出しているのを知られたくない」ということが大半です。

この場合、②の不動産会社専用データベースにも載っていないケースもあります。

これを正に、非公開物件と呼びます。

未公開物件はいずれ待っていたらお目にかかれるのに対し、この非公開物件は知らなければお目にかかれず、知らぬ間に誰かが購入するということです。

そのため、むしろ不動産会社ですらも欲しい情報となります。

 

そこで紹介です。

今現在はこれら未公開物件と非公開物件の情報を知らせてくれるサービスがあります。もちろん無料です。

全国約300社の不動産会社が登録されており、登録してくれたお客様へ未公開物件や非公開物件を個別に紹介していくというサービスです。

私も、自身のマンション探しの時にこのサービスの存在を知っていたら、無料ですし、必ず登録しただろうなと思います。

なぜなら、上記の①スーモにも②不動産会社専用データベースにも載っていないからです。

是非、希望エリアを登録して、より早く(未公開)、クローズド(非公開)な物件情報も取得し、その中で比較検討していってください。

無料登録はこちらより

 

以上3つの組み合わせが、不動産会社に勤めている立場からみておすすめの方法でした。

結論としては、希望エリアの希望条件の中で、より多くの物件を比較検討していくという、基本的で理にかなったことを実現させる方法かと思います。

現在はこういったやり方で情報が入ってきます。最終的に納得のいく物件に出会うまで、情報をより多く収集し続けていって頂ければと思います。