レインズを一般の人も見れる?→普通見れませんが代替え案はあり(不動産会社が提案)

レインズを一般の人も見れる?→普通見れませんが代替え案はあり(不動産会社提案)

以前、「レインズを見れませんか?」と一般の人(お客さん)より言われたことがあります。

こちらの記事に来ている方は、不動産の「レインズとは何か」を理解されているのかもしれません。

「見たいけど方法は?」という方も来ているのではないかと思います。

結論から言うと、一般の人は見れません。

ですが、「代替え案はありますよ」という話をここではしていきたいと思います。

弊社は東京日本橋にある不動産会社です。

そもそもレインズとは?

そもそもレインズというのは、不動産会社だけが利用できる物件データベースです。

それぞれの不動産会社だけにIDとパスワードが割り当てられています。

この物件データベースには世の中のほとんどの物件が掲載されているということになります(地域格差あり)。

それぞれの不動産会社が預かった物件を登録し、その登録された物件を日本全国の不動産会社もお客さんに紹介できるといったシステムです。

こうして物件は不動産会社を通じて仲介され流通し、貸し手→借り手、売り手→買い手へと繋がっていくこととなります。

一般の人はレインズを見れない

この世の中の物件情報のベースとなるレインズを「一般の人でも見れるのか?」というところですが、これはやはり「不可」となります。

そもそもレインズは、不動産会社専用のサイトです。

それぞれの不動産会社が物件の販売状況を不動産会社同士で連携を取り合い確認し、それをお客さんへ正確に情報提供していくといった流れで利用していくものです。

ありえないですが、不動産会社Aが自社のお客さんへ、不動産会社Aのレインズログイン用のIDとパスワードを教えてしまうようなことがあれば、そのお客さんは自宅のパソコンでも見ることができてしまいます。

もちろん、不動産会社Aが教えた行為はご法度行為となってしまいますが、パスワードを変えることで今後の情報漏洩をせき止めることは可能です。

一般の人がレインズを見るにはどうしたらいいのか?

弊社のお客さんからも「レインズを見ることはできませんか?」と言われたことがあるくらいなので、日本全国にはこういった一般の人が少なからずはいるのだと思います。

もちろんレインズとう存在自体を知らない人の方が多いと思うので、かなりの少数派とはなるはずですが。

このような少数派の人達へ、ここではレインズを見る代替え案を提案することは可能です。

その変わり、現在は首都圏(東京・神奈川・千葉の一部・埼玉の一部)の売買物件のみとなってしまいます。

なおかつ、投資物件も現在は対象外です。

システムとしては、今日レインズに登録された新着物件と価格変更があった物件が、次の日の午前中に自動的にあなた宛てにメール送信されるというものです。

送信されてくるのは、不動産会社に行くとよく目にすることがある、あの「図面」です。

あなたが設定した希望条件にあった物件だけが送られてきます。

一般の人で「レインズをどうしても見たい!」という人は、是非この機会に無料登録をして活用してみてください。

登録はこちらから






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。