【要確認】吹き抜けのある建売住宅のメリットとデメリット

戸建の吹き抜け天井

「天井に吹き抜けのある建売住宅はオシャレ」というイメージを持っている人は多いと思います。

吹き抜けがあることで開放的になり、天井にはファンが回っているようなリビングをモデルハウスやTVコマーシャルで見かけたりもします。

そこで今回は、吹き抜け付きの建売のメリットとデメリットに加え、実際の購入者の体験談も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

吹き抜けのある建売のメリット

見た目がオシャレ

最大のメリットはやはり見た目がオシャレに見えるということです。吹き抜けがあることで、空間的なデザイン性が生まれますし、天井にファンを吊り下げることで更にオシャレな空間を造り上げることも可能です。

 

開放的

吹き抜けがあることで、天井高は3メートルは超えてくるはず。一般的な戸建が2.4m~2.5mくらいが多いと考えても、かなりの天井高となり、圧迫感もなく、広々と開放的になります。

 

吹き抜けのある建売のデメリット

電気代が高くなる

空間が広くなるぶん、リビングを温めたり冷やしたりするにはその分の力が必要となり、吹き抜けがないリビングよりも電気代が高くなります。

 

窓掃除・照明交換

吹き抜け上部にある窓掃除と照明の交換は一苦労となります。窓・シーリング(照明取付場所)まで届く脚立があれば自身でも交換ができますが、購入しなければいけませんし、普段置いておくところも確保しなければなりません(最近では脚立のレンタルをできたりするのかもしれませんが)。

 

スポンサーリンク

未完成建売の場合はモデルハウスや同仕様の建物で確認

吹き抜けありの戸建に住んだことがない人にとっては、購入前にモデルハウスや、同じ施工会社が建てた建売を見学してみることは、イメージをつかむために非常に重要です。実際に見た上で、吹き抜けの開放感とデザイン性とデメリット部分を天秤にかけて、夫婦で話し合うことが大切です。

どんな建築中の建売でもそうですが、同じ施工会社が建てた物件やモデルハウスの見学、ショールームでの説明を受ける(プレゼンテーションとも言う)のうちのどれかを体験しておくべきです。そうでないと、売買契約後に「こんなはずじゃなかった」ということになりかねません。

 

ここで、吹き抜け付きの建売を購入した方の体験談をご紹介します。

 

体験談:吹き抜け付き建売住宅に住んで気になった3つのこと

東京都30代女性

東京都で建売住宅を2017年に購入しました。立地の割に値段がお手頃なのと、敷地の広さも標準的であることから、購入を決めました。

最初は立地にばかり目がいっていましたが、ある日気になることがでてきました。それは、大きくて広い吹き抜けがあることです。

 

①小さい子供の落下リスク

最初は何も気にしていませんでしたが、小さい子どもがいる私としては、腰壁が低く、活動的になると簡単に登れてしまう、つまりは2階から吹き抜けに落ちてしまわないか非常に心配になりました。

落下防止については、DIYで夫が柵をつくり、登れず落ちることのない対策をしましたが、工務店などに見積りをとると、それなりに費用がかかりそうでした。

こういった吹き抜けからリビングに落ちてしまいそうな設計になっている場合もあるため、小さなお子様がいる夫婦は事前にリスクを要確認。

 

②光熱費

また、吹き抜けから採光も多少は入ってきますが、高さがそれなりにあることから、光熱費が上がっていないかも気になりだしました。

また、光熱費については、極力不要な時間は暖房をつかわないようにしたり、床暖房とエアコンを併用しながら様子をみています。

光熱費は、最初の一年目なので、比較ができないのが残念ですが、一般的な金額と同じくらいか、やや高めの感じがします。冬場だと、高い時期は電気ガスで2万円くらいです。

 

③窓の掃除

吹き抜けは、あると素敵であることは間違いありませんが、 あとから気づくことも多くあります。他でいえば、吹き抜けに設置された窓の掃除もいずれは考えなければなりません。

普通では手が届かないことや、※FIX窓のため外側はハシゴがないと、とても手が届かない状況です。外側は付近の砂などが舞うと、かなり汚れるので、こまめにお手入れしたい場所のひとつになっています。

※FIX窓=はめ殺しの窓。開閉できない窓のこと。

 

スポンサーリンク

建築中建売ではイメージを持ちモデルハウスの見学も

建売購入の際、まだ建物が建っていないので、なかなかイメージがつきにくかったです。図面は見ましたが、それを三次元的にイメージできていない部分が多かったように思えます。

断面図というものが建物図面にありますので、空間の広さはある程度把握できます。果物を半分に切ると断面が見れるというのと同じ要領で建物を見るということです。

関連記事:建築中の建売物件購入。3階の収納も部屋も使い物にならない!?

予めイメージできていれば、様々なデメリットも理解した上で購入できたのではないかと思います。建物完成前に購入を決める際は、似た物件やモデルハウスをよく吟味してから決断されることが大切です。

体験談おわり

 

まとめ

吹き抜けのある建売住宅についての体験談のご紹介でした。今回のポイントをまとめておきます。

吹き抜けのある建売
  • 見た目はオシャレであり開放的な空間となる
  • 電気代は高くなる
  • 吹き抜け部分の窓掃除と照明交換は脚立が必要
  • 建築中の建売の場合、事前に断面図での確認+モデルハウスでのイメージをしておく

吹き抜けの建売というのはオシャレかつ開放的な空間を演出してくれる一方で、こういったデメリットな側面も持っているため、夫婦でよく相談して検討してみて下さい。

 

関連記事:東京23区。建売は仲介手数料“無料”で買える



戸建の吹き抜け天井



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。