新興住宅地には近所付き合いのデメリットもあると知った戸建生活



 

街並みの下見もしっかりした大型新興住宅地のマイホーム購入

マンション生活をしていましたが、勤務していた事業所が移転することになりましたので、移転先近くで一戸建てを購入することを考えました

物件周辺環境の下調べをしっかりした

マンションの買い替えは会社から紹介された不動産屋に依頼し、同時に移転先近くの分譲地を紹介してもらいました。

営業の方から通勤可能な分譲地3か所を紹介されましたが、その中の2か所を営業の方と一緒に現地のモデルハウスの見学に行きました。

何方も100戸以上が計画されている新興住宅街です。

建売区域のモデルハウスなので街並み、間取りや内装を確認し日当たりも調べました。

さらに、異なる天気の日に家族だけで様子を見に行きました。

ハイキング気分で分譲地の周辺を歩きまわり、道路状況や商店街、学校などを家族の眼で確認しました。

長男が小学校入学の時期でしたので、学校までの通学路なども歩いてみました。

下校時の児童の様子で学校の雰囲気がわかると聞いていましたが、仕事の関係で確認できませんでした。

その代わりに、公園や通学路に“痴漢注意”、“重点パトロール区域”などの看板の有無を確認しました。

これらがあるということは、過去に不審者がいたということかもしれません。

道路状況や商店街も歩いてみました。

病院は直接確認していませんが営業の方の情報を信じました。

地盤に関する情報も重要です。

田んぼを埋め立てたのか、もともと岩盤のしっかりした土地なのか、分譲地の周辺を歩きまわって地元の方や建築中の家で作業員の方に話を聞きました。

もちろん地盤のしっかりした方に決めました。

注文住宅より建売住宅を選んだ理由

間取りや設備を考えると注文住宅ということになるのでしょうが、建売住宅を選択しました。

理由は街並みが出来上がっていること、日当たりが確認できることです。

隣に大きな住宅を立てられて日当たりが悪くなるという心配がありません。

お天道様は金で買えませんので、午前、午後とかなり慎重に調べました。

間取りや設備は、生活してみて不都合があればリフォームすればよいと割り切りました。

近所付き合いは嫌でも増える点も

逆に困ったことは同じ住宅メーカーの家が近所にあるために、付き合いたくもない人と設備の良し悪しなどに関する会話が増えてしまうことです。

入居してすぐに水道栓や換気扇の交換をしたのですが、その理由や費用などが井戸端会議の話題となりました。

地盤や日当たりに関しては事前にしっかり確認した!

生活を始めてみると間取りや内装だけでなく、地盤の強固さ、その地域の治安状況、学校、病院など営業の方の情報を安易に信用にしないことです。

特に、地盤に関してはしっかり調べたほうが良いと思います。

柔らかい地盤に立てた家は、数年すると傾くことがあるからです。

これから購入される方は活断層の位置も調べたほうが良いと思います。

 

午前午後と現地の日当たりを調べて家を選びましたので、冬も日中は暖房不要ですし夏も風通しが良くて満足しています。

内装に関しては、気に入らないものは早めにリフォームしました。

使えるものを交換するのですが、毎日のことなのでこまめに手を入れるようにしました。

住宅ローンのほかに多少資金をためていたのが良かったと思います。

大型新興住宅地を選んでみて

大型新興住宅街を選んだこともよかったと思います。

地元で住み替える人もおられますが、多くは移住者ですので知りたい情報も共通しており比較的会話がはずみました。

引っ越す前は近所付き合いも気になりましたが自分では選べません。

住んでから実情に合わせて対応するしかありません。

嫌な人もいれば信頼できる人もおられますので、時間をかけて人間関係を作っていくしかないようです。

神奈川県T様

 





ストレスのない物件探し!

東京23区でマイホーム購入を考えているあなたへ。

原則、仲介手数料『無料』or『半額』

物件情報を自動配信しております。

①最新情報

②価格変更

電話番号・住所登録も不要!

詳しくはこちら