地盤沈下の補修をするはめに。不動産会社に昔は水田と聞いてない



思い付きで戸建てを購入しました。

転勤が決まり、賃貸のマンションを探していたところ、新築戸建(建売)の情報が目に入りました。

ちょうど良い賃貸物件が無く、月々の家賃のつもりで住宅ローンを払えば良いかなという安易な思い付きで、早速家を見に行きました。

小さな不動産会社が販売していた

販売していたのは小さな不動産会社で、まだ創業したばかりの様でした。

事務所もプレハブで、一瞬驚きましたが、創業したてはそんなものかと思いました。

案内してもらって戸建てを見に行くと、同じような家が4棟並んで立っていました。

2軒は購入者が決まっているという話しでした。

購入決断する

土地は80坪あり、建物は35坪と広々としていて、庭も十分過ぎる程でした。

子供が生まれて間もなく、広い庭で遊べたらいいなと考えていると、

不動産会社の方に、「購入した2軒も、同じくらいのお子さんでした」と言われました。

引っ越しして、知らない土地に行く事もあって、近所に一緒に遊べる子供がいるのは魅力的でした。

その言葉で購入を決めました。

ただ、販売してから1年も買い手が付かなかったようで、少々気になりましたが、転勤辞令も出ているので、すぐにでも引っ越す必要に迫られていました。

建売のメリットはすぐ入居できるところ

戸建ての良い所は、契約さえ済めばすぐに入居できることです。

それは大きなメリットでした。

何か不具合があっても、不動産会社に電話すれば修理の人を手配してくれました。

不動産会社が倒産

ところが、住み始めて1年位が経過した頃、購入した不動産会社が倒産して夜逃げしたとお隣から聞き、唖然としました。

これからのメンテナンスはどうなるのだろう、と不安ばかりでした。

経営状態が悪化したなら、その旨と後を引き継ぐ工務店なりを決めて、お知らせするのが普通だろうと腹立たしい思いでした。

経営悪化は致し方ないにしても、あまりにも無責任過ぎました。

土地が低い場所に建っている!?

土地勘が無いので、その街の地形や元の土地について全く知らずに購入していました。

もちろん、不動産会社の方も何も言いません。

私が購入した家は、非常に土地が低い場所に建っていたのです。

大雨の度に家の前の道路が洪水になりました。

酷い時には、駐車場から車を移動する必要もありました。

国土地理院地形図でマイホーム購入前に無料で地盤の把握を

2017-02-26

昔は水田だったらしい(泣)

また、隣の奥さんの趣味がガーデニングで、いつも庭いじりをしていました。

その奥さん曰く、少し土を掘ると土の中からゴミが出て来るそうで、驚きでした。

その昔は水田だったらしく、埋め立てて土地として売ったそうです。

それを不動産会社が購入して戸建て住宅として販売した経緯があった様でした。

実際にその土地の人間でなければ、知らない事実です。

パソコン画面を見てがっかりする女性

【衝撃】昔は沼だった!?土地を買って5年後に知った…

2016-12-27

地盤沈下が起こり始める

それから数年して、家の地盤沈下に気付きました。

家の周辺がいつもジメッとしていて、時々水が湧くこともありました。

常にジメジメしているため、緑色のコケが生えていました。

ある時には、土が陥没して穴が出来てしまい、ホームセンターで土を購入して来て入れたこともありました。

地盤沈下の対策として住宅購入前にチェックすべき7つのポイント

2017-02-25

最後に

最終的には売却しました。

今思えば、1年間も売れなかった理由がそこにありました。

その土地をよく知っている地元の方は絶対に購入しないはずです。

そんな事を含めても、不動産会社の対応に疑問を感じました。

事実を捻じ曲げたこと、引き継ぎなく居なくなったこと。

家は一生の買物ですから、じっくり検討して信頼の於ける不動産会社や住宅メーカーから購入すべきでしょう。

高い買い物でした。

宮城県A様





ストレスのない物件探し!

東京23区でマイホーム購入を考えているあなたへ。

原則、仲介手数料『無料』or『半額』

物件情報を自動配信しております。

①最新情報

②価格変更

電話番号・住所登録も不要!

詳しくはこちら