戸建購入での失敗は「トイレの数」と「浴室乾燥機」

2015年に念願のマイホーム(戸建)を購入しました。

かれこれ5年位、マイホーム探しをしていたと思います。

途中、契約の一歩手前までいった物件もありましたが、トラブルがあり白紙に戻った事もありました。

それからはしばらくショックでマイホーム探しは中断していましたが、子供が産まれたのがきっかけでまた探しはじめました。

スポンサーリンク

 戸建購入で失敗したと思ったのはトイレの数と浴室乾燥機

家族構成は夫婦と子供3人の5人家族です

5人家族なので、4LDKを探しておりましたが、結局決めた物件は建売戸建の3LDKでした。

1Fに広めのリビング、2Fに3部屋です。

子供達に1部屋ずつあげてしまうと、私達の寝室がなくなってしまう為、女の子が2人なので、女の子は同じ部屋にしてもらうか、どうしても嫌と言われたら、主寝室(10畳位あります)を2つに分けて(リフォーム代20万円位だそうです)子供部屋3部屋と主寝室にすればいいかな、と。

トイレの数が一つ

 

一番失敗だったなーと思うのが、トイレが1つしかない所です。

5人家族なので、トイレ1つはなかなかキツイものがあります。

大人はある程度はがまんできますが、子供はちょっとかわいそうで。。。

後付けしたいですが、2Fに水道をひかないといけないので、高そうです。

 浴室乾燥機はあればよかった

 

浴室乾燥機もまくてもいっかと思っていましたが、軽く考え過ぎていた失敗点でした。

子供達が大きくなると、「明日までにこれ洗濯しておいて」と持ってくる事が多々あると思うので。

さらに、真冬の浴室は本当に寒いので、浴室を温める意味でも、浴室乾燥機は後付けでつけようかと考えています。

 お庭はDIYで

お庭もかわいくしてくれていたのですが、ちょっと使い勝手が悪いです。

なので、お庭は少しずつ自分たちでDIYしながら好みのお庭にできたらと思います。

 初めての戸建生活に戸惑いも

私は生まれてからずっと賃貸マンション住まいだったので、戸建というのは最初は色々戸惑う事がありました。

家の中の話声がお隣さんに結構聞こえてしまう事とか、カーテンを開けて生活していると、お隣さんから丸見えになってしまう等。。。

 戸建購入はいろいろな失敗から学ぶべき

マンションにも戸建てにもメリット、デメリットはあるかと思いますが、住めば都と言う言葉があるように、自分好みの家に少しずつ変えていければと思います

これからマイホームとして戸建を購入される方は、私の失敗やいろんな人の失敗を参考にしてみることをおすすめします。

滋賀県O様