建売住宅の施工会社は購入前にしっかり調べておくべき


私は2002年に建売住宅を購入しました。

私がこれからマイホームを購入する方へアドバイスしたいのは建売住宅の施工会社は購入前に下調べしておいた方が良いという事です。

建売住宅は購入前に施工会社をしっかり把握しておこう

マイホームを購入してから15年が経ちますが、当時は特に家がほしいという気持ちもなく、趣味で住宅展示場に通ったりしていました。

マイホーム購入の頭金はなかった

結婚前から、嫁さん側の実家と暮らすというのが約束だった私は、結婚5年目の時に「埼玉県の嫁の実家に行くか、マイホーム購入して嫁の両親を呼ぶか」の選択に迫られていました。

当初、私は横浜市から出ることにものすごい違和感を感じでおり、埼玉県の嫁の実家に行くくらいなら意地でもマイホームを購入して横浜市に両親を呼んでしまおうと考えました。

ただ、当初事業の失敗から立ち直ったばかりの私に手持ちの現金どころか頭金になる程の貯金もなく、マイホームを購入するという全く未知の世界への挑戦だったのです。

マイホームは頭金なしでも買える

いろいろと動いている中で、そんな一文無しの私にもマイホームが購入できるかもしれないチャンスが訪れました。

当時、流行っていた頭金なしでも大丈夫という建売住宅の販売です。

相談に行ってみると、なるほど仕組みは分かりました。

正当にやっても頭金なしでいけることを知り、嫁と一緒に横浜市でマイホーム探しを始めたのです。

ほぼ完ぺきな条件のマイホーム候補と出会う

動いていく中で、マイホームの候補が少しずつ絞られてきたところで、日当たりもよく、引っ越すタイミングも丁度良い家に出会うことになりました。

それが今住んでいるマイホームです。

住宅ローンも通ることがわかり一緒に住む両親と頭金を少しだけ出そうと思い、頭を下げて借りた嫁のお姉さんに建築設計図面を見せて相談をしました。

日当たりもよく、部屋も両親と住むスペースを確保することができ、子供2人分も問題なく部屋が確保できる間取りというほぼ完ぺきな状態の物件です。

施工会社も実績のある会社だったためマイホーム購入に踏み切る

駅から遠い(25分)というのが少し引っかかりはしましたが、あまり気にならない感じではあったので、マイホーム購入に踏み切ろうと決意していました。

嫁のお父さんから「設計が2級建築士事務所だから施工会社も気を付けたほうがいいんじゃないか?との意見が出たのです。

とはいっても、施工会社(実際に建売住宅を建てている会社)はそこそこ大きいし実績もあることから、「たぶん大丈夫でしょう」と、少し強引ではありましたが、マイホーム購入に踏み切ったのです。

新興住宅地にあるマイホームへ引っ越し

建売住宅でしたが、土地を見て購入した形のいわゆる建築中物件だったので、契約から引っ越しまで4か月ほどありました。

マイホームが建っていく様子を毎週見に行ったりと竣工・引き渡しまでワクワクしつつ引っ越しの時を迎えました。

引っ越しを終え、同じ時期に17世帯が引っ越しを完了しご近所さんも同世代の方が多かったので、そういった点も安心して暮らせる新興住宅地でした。

1ヶ月もしないうちに雨漏りが発生

しかし、住んでから一ヶ月もしないうちに窓枠からジャンジャン雨漏りがするのです。

しかも、その量が尋常ではなく、床が水浸しになるくらいの深刻な雨漏りです。

ご近所さんに確認すると17世帯全部がその状況でした。

ひどいお宅になると雨が降ると床に1センチくらい水が浸るようになり、全員が2階でしか生活できないほどのひどさです。

購入者全員で建売住宅の施工会社と協議の末、全戸無償でやり直しとなり、その間の避難するためのマンション代なども全額を施工会社持ちで実施されました。

建売住宅購入前に施工会社をしっかり調査しよう

現在ははお陰様で安心して暮らせるようになっておりますが、その時の「設計が2級建築士事務所だから施工会社も・・・」という言葉が今でも残ってます。

決して2級建築士事務所がいけないということではないです。

建売住宅をマイホームとして一世一代の買い物をするときは、入念に施工会社を調査し大丈夫なのかどうかの確認を怠らないようにしないといけないと感じております。

マイホーム探し中
建売住宅を検討する場合は施工会社がどういう会社なのか購入前に把握しておくべきだね!
不動産屋
建売住宅に住んだ後のリスクを全て回避できるわけではないけれど、施工した会社がどんな会社なのか調べてみることは決してマイナスにはならないからやっておこう。

また、不動産仲介業者にも聞いてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。