マイホーム購入は想像以上のストレスがかかる!?

我が家のマイホームの購入は2011年です。

ちょっとよそでは聞かない購入動機だと思います。

当時、我が家は夫婦仲が悪く(というか私が浮気をしていました…)離婚危機にありました。

すでに子供が2人おり(当時4歳と1歳)子供たちと妻の住居を確保するために購入を検討し始めました。

私は一人でアパートにでも住むつもりでいました。

要するに「慰謝料代わり」です。

スポンサーリンク

マイホーム購入はものすごいストレスがかかる

最初にマイホーム探しで迷ったのは

■駅近の新築分譲マンション

■新築建売住宅

このどちらかでした。

妻にとっては当初は「マンション」が優先順位として上だったように思います。

実際5件ほど見て回りました。

駅から近ければ子供へかかる負担も減るし、そうなれば妻への負担も減ることになるからです。

商談ではストレスの嵐!

しかし、いざ商談となるとストレスの嵐!

子供は泣き叫ぶ、暴れまわる、おもちゃ部屋で遊びたがる、営業マンは必死に勧めてくる、私と妻の意見は合わない、話し合う余裕すらない…。

そして、どの物件も決め手に欠きました。

というのも当時、団地の4階に住んでおり、2LDKで狭いながらもそれなりに生活できていたのです。

「高額な住宅ローンを組んでマンションに住むくらいなら団地でいい」というのが私の意見でした。

なぜなら結婚当初から妻は「マイホーム」への憧れを語っていたからです。

「どうせ慰謝料を払うなら家を買ってやろう」そう思っていました。

建売住宅の購入決意

ある休日、たまたま家にいた私に妻が「良い建売が近くにあるらしいよ」と声をかけてきました。

正直、嫌々ながらも「近い」という言葉に乗せられ建売住宅を見に出掛けました。

お目当ての物件は、正直、間取りと敷地面積に納得がいきませんでした。

「また徒労に終わった」とストレスを抱えていたところ、目の前に戸建用の土地が…。

広いんです。

新築戸建建築予定なのに55坪!

まだ家は建っていなかったものの、その圧倒的広さに心を動かされ営業マンに訪ねてみました。

「どんな家が建つのですか?」すると「同じような間取りの物件があるので今から見に行きましょうか?」とのこと。

今にして思うと、マンションの営業マンのようにガツガツしてないところが良かったのかもしれません。

不思議なことに子供たちもその日はおとなしくしていました。

そうして、その日のうちにあっけなく話は決まりました。

スポンサーリンク

マイホーム購入はものすごいストレスがかかる

とにかくマイホームを購入するということに関して、知らず知らずのうちにものすごいストレスがかかります。

特に小さい子供がいると尚更です。

子育て世代がマイホームを検討することが多いと思うので、そのストレスを知っておいてもらいたいです。

知っていれば防げるストレスもあると思います。

 

そして「マイホーム購入は直感と度胸と勢い」だと私は今でも思っています。

「買う」と決めたら自分の直感を信じて突き進んでほしいと思います。

注文住宅なんて選択肢はありませんでしたが(収入的に)いろいろ決めるのに、もっとストレスがかかるだろうと、考えただけでも恐ろしいです。

弟が注文住宅を購入しましたが、しばらく殺気立っていました。

 

現在は離婚もせずに【4LDK・庭付き・車2台スペース】でご近所さんにも恵まれて、特に不自由なく暮らしています。

埼玉県T様

マイホーム探し中
マイホーム購入にストレスがかかるなんて考えたことなかったな。
不動産屋
マイホーム購入にあたって、お子さんがいる中で長い時間商談したり、夫婦の考え方の違いなんかも出てきやすいものだったりするから、知らず知らずストレスがかかってしまう事が多いということ。

あらかじめ想定しておけば回避できることもあると思うから頭の片隅に入れておいて!





スポンサーリンク