マイホームは目先ではなく将来を見据えて購入するべき

結婚を機に2014年に新築建売住宅を購入しました。

2年後に双子の子どもが生まれ、家族4人で住んでいます。

3階建ての物件で、子供二人を育ててみると色々と使い勝手に疑問が…

スポンサーリンク

 マイホームは将来もしっかり考えて購入するべきだと後悔

結婚を機に、賃貸だとお金がもったいないから、マイホームを購入しようと妻に促され早速行動を開始しました。

当然、不動産の知識というものは無く、まずは住宅情報が掲載されているポータルサイト(スーモ、アットホーム等)をチェックしていきマイホーム探しを始めました。

しかし、既にこの時点で、かなり夫婦間で意見の相違が出ていました。それは、そもそもマンションにするか戸建にするかというところと、どちらの実家の近くにするのかという2点です。

「マンション・戸建どっちにする?」みんなの意見まとめ!

2017.03.06

これは、最初にクリアにしておくべき問題であって、マイホーム探しを始めてから解決するものではありません。

じっくりと話し合い、将来のこと(子供が生まれた後など)を考えて方向性を定めるべきです。

こうして、方向性が定まらないまま、マイホーム探しは進んでいきました。

不動産仲介業者はどこにお願いするか

不動産のポータルサイトで、それぞれの希望(家の種別、地域)をそれぞれで探していましたが、自分でマイホームを探すのには限界があると感じました。

数多くの物件の中で、メリット・デメリットなどしっかり説明してくれる担当者が必要でした。

そこで、不動産仲介業者にお願いしようとなったのですが、「仲介手数料」の存在が夫婦の頭をよぎりました。

そういえば、仲介手数料が半額や無料と謳っている業者があったと思い出して、必要経費を抑えるべく、仲介手数料が無料の業者だけをピックアップしていきました。

結果的に、金銭面では非常に抑えられたので良かったかなと思いますが、おそらく仲介手数料が無料になる物件と、そうでない物件があると思うので、選択肢の幅が狭まってしまったのではないかと少し後悔しています。

結局、妻の希望の地域へ

話し合いの結果、妻の実家の近くの地域にし、妻の希望でもある建売住宅を購入することに決定しました。

実はここが分岐点だったのではないかと、今は考えています。

とにかく駅から近い物件だけを見ていました。

独身時代、通勤も楽だし、駅から近いほうが友達も呼べるし、逆に駅から遠いと来るのが大変で、付き合いが希薄になってしまうのではないかと考えていたのです。

独身時代の賃貸物件を選ぶ基準を、マイホーム購入の選定基準に入れ込んでしまったことで、家の広さ、子供ができたときや老後の使い勝手など将来に関しては重要視しませんでした。

今のマイホームでの将来を考えると不安に

結果、急行なども止まる駅から徒歩10分以内の好立地ではあるものの、3階建で、1フロアにおける床面積が少し狭くなるため、手狭間があるマイホームで今から子供が大きくなった将来はどうなることやらと考えることがあります。

しかも家庭を持った友達(子供有)は、車で遊びに来るので、懸念していたことは全く関係ありませんでした。

また、1階部分がガレージになっているため、2階のリビングが寒いです。

(床下がガレージで空洞のため)また、階段の上り下りが毎日大変で、将来の老後への不安もあります。

もちろん3階建がすべて悪いとは思いませんが、少なくとも現時点で将来を考え懸念している点ではあります。

遠い将来も見据えたマイホーム購入を

人生で一番高い買い物になるという人がほとんどだと思いますが、マイホーム購入は目先のことばかりではなくて、何十年と先の将来のことまで見据えて検討すべきだと思います。

駅から少し遠くても、その分、購入金額は抑えられますし、広い庭付きの家だって買えるかもしれません。

もちろん、毎日の通勤のために駅から近いという点も軽視できないと思います。

自分達がどの部分は我慢ができて、どこを絶対に譲れないポイントなのかというのを、しっかり書き出すなりして、可視化できるようにして、希望に出来る限り沿う形でマイホーム購入を決めてほしいと思います。

そうすれば、何か不満が起きた時でも、譲れないポイントさえしっかり押さえておいたら、長い間、住めるマイホームとして満足できるのではないでしょうか。

神奈川県T様





スポンサーリンク