外構工事DIY体験談。非常に面白くておすすめです!

我が家の外構は業者さん3分の1。

残りをDIYでと、うまく折り合わせて楽しくできたと思っています。

入居当初、建売ですが外構は全く施工されておらず、工事を行わないと家が土に囲まれているイメージでした。

注文住宅の外構工事前のそれによく似た状況でした。

妻は、とにかくその「土に囲まれた状態」が気に入らなかったようでした。

スポンサーリンク

建売住宅の外構の3分の2をDIYした体験談

家の前と横にそれぞれ駐車場とは別に、車一台分くらいのスペースがあります。

敷地面積が結構あるためイメージを膨らませるのに苦労しましたが…。

できるだけお金をかけずにかわいらしい庭をイメージして。

門柱・門扉

まず、門柱と門扉。

それからエントランス部分の外構。

これは知り合いの外構業者さんにお願いしました。

さすがにDIYで門柱を作るのは無理だと思いましたし、妻が強く希望したため門扉をつけることになりました。

家が車通りのある道路に接しているため、「子供が飛び出さないように」付けたかったそうです。

外構の分厚いカタログを見ながら門柱のデザインと門扉を決めました。

門柱はくすんだ黄色で横に模様がはいった感じに!

門扉は黒で左右から開閉する物を選びました。

さすが業者さん!注文通りの仕上がりでした。

DIYで芝生を敷くのは難しい

DIYでの外構工事(と言うか庭いじり)は、引っ越しの当日から始めました。

まず、エントランス脇のスペースに芝生を植えて花壇を作りたいと思いました。

3月の初旬でとても寒かったことを覚えています。

引っ越しを手伝ってくれた弟がそのまま手伝ってくれました。

ホームセンターへ買い出しに!

正直、出たとこ勝負でした。

クレジットカードを一枚持って、気に入ったものを買い漁る!買う!買う!

芝生もどれだけの量を買っていいのか見当もつけずに大量の枚数を買ってきました。

しかし、DIYで芝生を敷くというのはこんなにも難しいのかと思い知らされました…。

まず、「土を平らにすること」ができないんです。

粘土質の土だったもので苦労しました。

なんとか平らにしたと思って芝生を敷きました。

その状況を見て、外構業者さんは「これじゃ丘だよ…」と、ぼそっとキツイ一言。

やり直し確定です。

「今度こそは」と努力し前より良くはなったもののデコボコ感は否めず。

DIYの愛嬌ということで妻にも許可をもらいました。

外構工事DIY完了

花壇は弟が娘のために作ってくれました。

これはなかなか上出来!

グレーのブロック感丸出しの部分に塗装をしたり、エントランス部分に敷石を置いて玉砂利を敷いたり。

木も何本も植えました。

脇のスペースはウッドデッキや濡れ縁などいろいろと考えましたが、「子供たちが遊べるように」と「手入れがラク」ということで人工芝を敷き詰めることにしました。

というわけで我が家の外構は完了しました。

外構工事DIYは非常に面白くておすすめ!計画を立ててみて!

外構のDIYは非常に楽しいです!

時を忘れて夢中になります。

是非できるところは自分でやってみてください。

業者に頼むところとDIYで行うところとしっかり計画を立てるともっとおもしろいものになると思います。

最後に一つ。

近所にウッドデッキを組んだ家が何件かありますが、活用しているところを見たことがありません。

埼玉県T様





スポンサーリンク