家の購入を勢いで決めかねている方へ。我が家の結末を紹介

主人の海外勤務を終えて帰国した時、主人は43歳でした。

会社に用意してもらった借り上げのマンションに荷物を入れ生活を始めたのですが、3人の子供がいたし、主人の年齢も考え、借り上げ期間2年を待たずに漠然とマイホーム購入について考え始めていました。

スポンサーリンク

家の購入は勢いよく決まっていった

夫婦ともに戸建て希望だったのですが、土地を買って、注文住宅を建てるという大冒険は資金面から考えても難しかった為、最初から建売住宅を購入することは決めていました。

家の購入は勢いにのりスピーディーに決まった

そんな時、親族に不動産会社勤務の人間がいる友人と出会うことができ、思いがけないスピードで同じ学区内に分譲される住宅を紹介してもらい契約するまでになりました。

本来ならば、いくら建売を購入するにしても、もっと時間をかけてハウスメーカーを比較したり、分譲される土地の環境を調べたり、資金(住宅ローン)についてもっと勉強しなければいけないのですが、我が家はたった2カ月ちょっとで契約を結んでいました。

当時は、どんどん決まっていくことに不安を感じ、両親との話し合いも難航し大変でしたが、今思うと、のんびりしている夫婦ですし、結果これで良かったのだと思っています。

地元の不動産屋だったので、分譲される土地や環境のことは私たちよりも詳しく、説明していただきました。

おかげで、今も問題なく生活できています。

建て始める前だったので建物の軽微変更もできた

何よりも、分譲されると決まった時に契約が出来たので、建売物件なのですが、プチ注文住宅の様な体験が出来たことも大変満足しています。

間取りについては変更できなかったのですが、部屋の広さ、窓の高さ、建具の色、外壁の色、玄関ドア、自分たちの希望をすべて言うことができました。

これだけ自分たちの希望が通っている住宅なので、建売でも自分たちの持っていた家具や雑貨もそのまま使えています。
ある程度のエクステリアも分譲価格に入っていたのも有難かったです。

もちろん、建売ならではの問題も少しはありますが、引っ越しを数多くしてきた私たちにとっては、マイホームを持てたことの方がうれしく、後悔や不満はありません。

勢いで家を購入して結果的によかった!

住まい選びは縁や勢い」と聞いたことがありましたが、まさに我が家はこの通りになったと思います。

もしもっと勉強をしていたら違った結果になったり、時間がかかって今も賃貸生活を続けていたかもしれません。

そう思うと縁と勢いが我が家には必要だったのかもしれません。
これから庭づくりをしようと計画中です。

 

勢いで購入した家ですが、手に入った今はゆっくり相談しながら住みやすい家づくりをしていこうと思っています。

引っ越しを数多くしてきた子供たちにこの家が僕たちの実家になるんだという言葉がとても胸に響き、いつでも暖かい家であるように心がけようと思っています。

愛知県K様

 





スポンサーリンク