私の建売購入時のカーテンとエアコン設置の失敗からのアドバイス

建売住宅を購入する際、意外とノーマークなのがカーテンとエアコンの工事についてです。

私自身、建売住宅を購入した際、そういった内装工事に若干手間取りました。

 

私から言える一番のポイントは業者選びです。

 

スポンサーリンク

建売のカーテンレールとエアコン設置のアドバイス

まず建売住宅の多くに言えるのはカーテンやエアコンは購入後の取付工事になるということです。もちろん標準装備の優良メーカーさんもあるとは思いますが、私の調べた限り別工事となるケースが多くありました。

 

建築途中の建売住宅を購入する場合や住宅購入時に合わせて取付工事を行う場合は、費用面や安全性を考えて住宅メーカーさんに注文するのがベストかと思います。

 

  • 私が考えるに一番やってはいけないことは、インターネットで業者さんを探すこと、購入者自らが工事を行うことです。

 

そして私自身、インターネットで業者さんを探した挙句、自ら工事を行った購入者の一人なのです。

 

エアコン

まずエアコンですが、インターネットで探した業者さんに取付工事を依頼したところ、確かに費用は格安ですが、お世辞にも綺麗とは言い難い工事、配管状況でした。

結果的にはエアコンの製造メーカー直営の工事店にて手直しをして頂き、事なきを得ました。

 

カーテン

次にカーテンですが、同じくインターネットで探した業者さんに見積りを依頼したところ、カーテンとその取付工事で30万円~40万円以上かかると言われ、即答でお断りしました。

余程高価なカーテンだったのかも知れません。

 

ですが、他の業者さんに見積りをお願いしてもやはり同程度の費用提示があり、相場が高いのだと判断し、自ら工事を行うことを考えたのです。

ホームセンターでカーテンとカーテンレールを購入し、自ら工事を行えば確かに格安で済むのですが、私が一ヵ所だけ自ら工事を行った結果、うまくレールが固定出来ず、結局そのレールは廃棄処分する結果となりました。

 

結果として、ホームセンターの店員さんに取付工事までお願い出来ないかとお願いしたところ、そういったサービスがあるということで見積り額は20万円以下だった為、即日発注して数日後に工事を行ってもらいました。

出来栄えは何の文句もなく、今でも問題なく使用出来ています。

 

 建売のカーテンレールとエアコン設置の注意点

  • こういった私の経験上、インターネットには割安で魅力的な業者さんがたくさんおりますが、安い工事は安いなりの出来栄えであるということです。
  • そして工事代金を節約するつもりで自ら工事を行ってもそれなりのものしか作れず、最終的には余計な費用がかかるということです。

 

これから建売住宅を購入される方にはこういった失敗なく、快適にご入居されて欲しいものだと願っています。

大分県H様





スポンサーリンク